FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お湯割り論 7
春を通り越し、

初夏のような播州姫路、、、

店の近くを流れる

三左衛門堀で

陽射しを受け キラキラと輝くメタリックグリーン・・

久しぶりに カワセミを 見ました。。



さてさて 

お湯割り論、、、

実は 文章を綴りながら、

昔 出版された本格焼酎に関する本を

読み返していました。。。。


全ての本で、、

お湯割りは 『お湯が先』焼酎が後と

書かれています・・・・。


すると、、

低い温度のお湯割りを作る時には

お湯を冷ますのが大変時間がかかる

とか

60度のお湯割りを作って

最初は 香りを愉しみ、 温度が下がるにつれて

味わいを 愉しむ…などの記述があります。。。


隅から隅まで読み返しても

『後からお湯』は NGとか 絶対ダメ!としか書かれていません。。


・・・・・・。



ところがです、

お湯割りの事を書かれている記事は

その対象が すべて 芋焼酎なんですよ。。

米焼酎や 麦焼酎 他の焼酎は使わずに、

すべて 『芋焼酎のお湯割り』

の事だけ。。



思えば、、、

2000年代初頭の 焼酎ブーム、、

私なりに 振り返れば

『鹿児島芋焼酎ブーム』だったんではないかと

思ったりします。。


鹿児島県の芋焼酎ブームに 牽引され

全ての本格焼酎が 脚光を浴びた様に

思ったりします。。



お湯割りは 『お湯が先』っていうのは

当時の鹿児島の 飲酒文化を

正しく伝えたことは すばらしいことです。。



とはいえ 今も そのままでいいのか?


当時と比較し、

出来上がりの本格焼酎は 製造のおけるすべての面で

洗練され、それだけでなく

芋の品種違い、

麹や 酵母も 多種多様、

当時には無かった 新しい焼酎が

出来ています。。

呑み方も 炭酸割りは勿論

近頃は カクテルベースになるような時代

なのに 頑ななまでに

お湯割りは 『お湯が先』!!!

美味しい 美味しくない を通り過ぎ、

冷静に考えて、

もはや ナンセンスじゃん。。。



お湯割りも いろんなスタイルがあってしかるべき、

同じ銘柄でも

多種多様な お湯割り表現方法が

あっても 何にも 問題ないはず、、。。



麦焼酎 黒糖焼酎 米焼酎、、、全てが

右に倣えで

『お湯が先』では 一つの表現方法であることは

間違いないですけど、、、、


いろんなスタイルを認めることから

新しい事が 始まるんじゃない。。(笑))


よろしく。。






つづく
スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/2069-d4c69c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)