fc2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



本格焼酎、瓶詰後
本格焼酎も 清酒でも

一部の人気銘柄に

需要が 偏ってしまうのは、

まあしょうがない事だと思っている、、


一夢庵では

最近 ほとんど限定物に関しては

一歩引いているというか、

本当に欲しいモノだけを 吟味して選択している。



先日

とある蔵元さんが 一夢庵に立ち寄ってくださった。


その蔵元さんの 銘柄二つを、

10年前から 店で寝かしており、

この機会に 開封した。。。。


アルコール度数25度に 瓶詰後

一夢庵の環境下で 10年。。。。




瓶詰後でも 熟成するという事を

間違いなく認識させてくてる、

その深みのある 風味、

そして 余韻。

水で割る事で

ストレートでは ダイレクトすぎる風味が

ほど良く伸びて、

実に まろやか。。





それとは別に

何年も前に 発売され開封後

一夢庵の環境で 何年も年月を

こえてきた 原酒 アルコール度数42度、、

それを 3日目に アルコール度数13度に

前割りを用意していた。。。。


これもまた 実に深い味わい、

ピークを過ぎた感は 全く感じない。

割る事で増す、

滑らかで 骨の太い味わい。。



食中酒として

どれも 甲乙つけがたい高いレベルでの

バランス。



限定酒の良さも

当然 理解しているが、

レギュラー酒と その原酒に

隠れた まだ誰も知らない味わいと風味、

それを探求するのは

めちゃくちゃ面白い。



ややもすると

蔵元さんから出荷直後の

フレッシュなインパクトが

多くの呑み手を魅了する、

それは間違えてはいないが、

レギュラー酒の熟成による美味さもまた

間違いない本格焼酎の愉しみ。。。


一夢庵のどんな料理にも

心地よく寄り添う・・・


盃を重ねるごと、

箸が進むほどに

重なり合って ブラッシュアップしていく

美味さを通り越して

もはや 快感になってしまう。。


ぜひ 一度お試しいただきたい、、

瓶詰後の熟成の美味さを。。


一夢庵には 

まだまだ 多くの銘柄が、

眠っている。。









スポンサーサイト




テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/2165-50a112b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)