fc2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



売る気がないだけ
先日

居酒屋さんで食事をした。。。


どうしても焼酎メニューを

見てしまうのですが、、、、

あれでは・・・、

お客さまに訴求するのは難しい!



赤霧島 いいちこ 二階堂・・・・、

どこにでもある銘柄だからとか

価格設定がとか、

そういう理由ではなく、

全く工夫のないお品書きの書き方、

全く工夫のない提供方法、

申し訳ないが

お客さまは お金を払って

呑もうとは・・思いにくい。。



別にそのお店を否定するのではなく、

そのお店に通うお客さまを否定するのではなく、

やっぱり 悲しいかな 

本格焼酎の扱いは その程度なのだ、と

思うのです。



一夢庵は 専門店だから出来るんや!とか

言われるとしても、

もっと工夫できることを しないで

『焼酎は 売れませんわ~。』とか

のたまう ボンクラ飲食店は・・・。

言っちゃあ悪いが

料理も ありきたりで 何の工夫もない

、、、、、、、。



まあ 言わずもがな。。



本格焼酎が売れないのではなく、

本格焼酎を売る気が 見えない

からお客様が呑まない だけの話なのだ。

(焼酎だけでなく、『酒が出ませんわ~。』と
いう声を 聴くたびに。。。それは あんたが原因や!と思う。)


工夫をすれば いろんな愉しみ方ができる

懐の深い、どんな料理とも

何の苦労もなく合ってしまう本格焼酎なのにね~~。



まったく 何の思い出にも残らない

とある日の 夕食でした。。


逆説的に言うなら

そういう飲食店が 多いので

一夢庵が 本格焼酎に特化した居酒屋としての

仕事は まだまだある!

自分自身に そう言い聞かせています。。


一夢庵は

マニアックな店だけど、

焼酎マニアの為だけの店ではなく、

焼酎初心者さんに優しい焼酎入門の店なんです。



久しぶりに スヌーピーの名言から

『どんな問題も逃げきれないほど大きかったりむずかしかったりはしない!』


じゃあね~~~。。


スポンサーサイト




テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/2179-c0728ab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)