fc2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



羊 ライオン
サッカーの様に

複数の選手が 同時に

競技を行い 勝負するスポーツにおいて、

そのチームを率いる 監督の役割は

計り知れない。



個の力を 活かし 

組織として戦う。。

試合中における戦術は もちろん

練習から 人選に至るまで、

全ての責任を 監督が背負う。


個の力だけ強くても

監督の考えや 戦術が

あやふやでは 対戦相手から見れば

怖くはない。



たとえ 個の力が いまいちでも

監督が 万全に 

戦い方を チームに落とし込み

試合の流れの中で ここぞという場面の

適切なスキルをもつ選手への

交代などの決断が

勝利を引き寄せる結果につながる。



サッカーのチームだけでなく、

どんな組織にでも これは言える事だと思う。


『私は一頭の羊に率いられたライオンの群れを恐れない。
しかし一頭のライオンに率いられた羊の群れを恐れる。』

古代マケドニアの王 アレクサンドロス3世の言葉とされ、

戦術論におけるリーダーの重要性を 表した言葉だ。


組織を強くし 対戦相手に恐怖を感じさせるチーム作りは

監督によるところが大きいと いうことだ。


対戦相手にとって 怖いというのは

単純な恐怖ではなく、

どんな戦術で どんな選手が 戦ってくるのか

判らないという

‟未知”への恐怖も 当然含まれる。

もしも

戦略の選択肢が 分かり易いという事は

相手にしてみたら どうだろう・・・。



先日の サッカー日本代表の発表の際の

『え~~、』 『あ~~、』を 何回繰り返し言ったかか分からない、

何を言っているかいまいち分からない言葉、

しかも それは質問の答えに 全くなっていない。。。


悪い人物ではない事は 伝わってくるが、

監督としては ?だ。

当然 その上の協会も ?だ。


羊 ライオン その言葉は比喩にすぎないが、

組織を強くするのも 弱くするのも

リーダーの資質によるところが大きいというのは

間違いのない一つの答えだと思っている。


当然 ワールドカップでは 

日本代表に選ばれた選手は応援するよ。





スポンサーサイト




テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/2218-3383981e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)