二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



麦焼酎シンポジウム  焼酎ブーム終焉?


世間の一部で

『焼酎ブームの終焉。』などと 言われている所もあるようだ。

実際 この不況のせいなのか 

それとも

焼酎の人気が 落ちたのか 

私が 分析する事では ないので、

どっちでも いいのだが、

確かに 一時期の勢いは ナイ。



ただ、お客様との話の中で、

感じるのは、

まだまだ 焼酎に関しては 

芋焼酎でも 麦焼酎でも 米焼酎でも 黒糖焼酎でも

十二分に 可能性は 残っている。



具体的に 今日 初めて 来店いただいたお客様との会話を

すこし 要約して紹介します。


そのお客様は 今までに 俗に言う所の プレミアものを 

飲まれて 感動するようなことが ナイと おっしゃる。

まあ 銘柄は 伏せておくが、

けっして 美味しくない焼酎では ナイはずだが、

そのお客様の 好みに合わなかったのだろう。

詳しくお聞きすると かなり高い値段で 飲まれたようだ。


どの店のお品書きも 同じように 銘柄の名前だけを

書き綴っているだけで、

味の特徴とか 蔵元の名前すら書かれていないと

おっしゃる。

店の人に 聞いても 曖昧な返事しか 返ってこないと言われていた。



事実 私も 店をしている事を 伏せて

色々な店で 焼酎を 飲んだときの

売り文句が

『これは すごい入手困難で すごいプレミアが ついているんですよ。』

とか

『姫路では ここしか飲めない 珍しい焼酎ですよ。』

とか・・・・

まったく考えの無い 浅墓な売り文句を

何度か聞いてきた。


プレミアが ついている焼酎が 本当に美味いのか?

仮に 

美味いとして そのお客さまの口に 合うのか?

私には 疑問に感じるのだが・・・。




そんな話を お聞きした上で

私に おまかせで 飲んでいただけませんか?

と 申し出た。



快諾していただき 何杯か 飲んで味を利いていただいた。


すると

そのお客様は 

『焼酎も こんなに 味の違いとか 香りの違いとか あるんだね。』

と おっしゃられた。


帰り際にも 家内に 同じ事を 言われたようだ。





お客様が 焼酎に対して どのように感じられるかは

売り手の問題が 大きい!


それぞれの蔵元さんが 造られた焼酎を

人気や 名前だけで 判断して

お客様に 提供していては そりゃ ブームも終るよ!

というか

そんなブームは 早く終ったほうが 良い。



ブームが 終った後にこそ

本当の勝負が 始まり、

本当の実力が 問われる。



私は 今までと同じで

これからも 

焼酎を 大事に!

焼酎に 合う 料理を!

考えて行こうと思ってます。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/233-057541b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)