FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



麦焼酎シンポジウム 番外 北品川2
楽水橋の思い出を

家内に 話しながら、

『今更 言っても なんやけど、たいがいやな。』と

家内に 呆れられ、

『しゃー無いやろ。』と いいながら

懐かしの 北品川商店街に 着いた。



学生時代から まだ 元気に営業している店も あったし、

店は そのままだが どう見ても 営業していない店もある。

時代の移り変わりは 致し方ない。

とはいっても

学生時代に お世話になった店が なくなっていると、

少し 感傷に浸ってしまう。




ちょうど 昼過ぎだったので、

通りには 多くのサラリーマンが ランチを求め

歩いていた。

家内と2人で 少し歩いては 立ち止まり、

南品川のほうまで 歩いた。


この北品川商店街は 旧の東海道で、

日本橋を出て 最初の宿場町だった ところだ。

町の角々には その土地の歴史を示した掲示板が 張られ、

ついつい 読んでしまう。


とある 店の ショウウィンドウに 

神輿が 飾られていた。

これまた ついつい 眺めてしまう。




学生時代に 何度も 通っていたのに

今になって 初めて気付くこともある。

まあ 当時は 下手すれば 昼間から 酒を呑んで

うろうろしていたんだから、

当然 目には 入っていても 観ていなかったんだろう。




東京にきてまで あわただしくする事も無いので、

家内と ゆっくりと 散策を した。


1月なのに とても 穏やかな 北品川商店街だった。





つづく
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/234-65bbae9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)