fc2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



料理
安価な調味料は

粗材の良さを 損なう。


いきなり こういうと何やこれ。と

思われるでしょう。



アサリの酒蒸し、という料理があります。


ここ数週間で 

違うお店で それぞれのアサリの酒蒸しをいただきました・・・。


なぜ そんな安い紙パックの酒を使うのか?

結果 必要のない調味料を足す事になる。



アサリは それだけで旨味が溢れる

この時期のナイスな素材、

だから 一夢庵は シンプルに勝負する、


アサリ 地元の野菜 そして 酒だけ。

酒も 今使っているのは 富久錦の純米酒、

最後に 黒七味を パラッと少し、

これだけで抜群に美味い。

汁まで美味い、何なら汁だけで

2杯ぐらい呑める。



糖分を含まない 本格焼酎、

それに アサリ 野菜、

アサリの旨味が絶妙の汁、、、

抜群の親和性だよ。


料理という漢字は

はかりととのえる という意味がある。


ととのわなければ 料理にならないし、

そこに 愛がなければ 料理ではなく 餌になる。




スポンサーサイト




テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


コメント
同感👍
おっしゃる通りだと思います。
シンプルisベスト ごちゃごちゃした添加物や見かけだけの厚化粧を施すゆとりがあれば、ストレートな素材そのものの味わいをアピールする方が理に叶った行動ではないでしょうか⁈
[2024/04/22 18:54] URL | 高原 宣隆 #FYNxDbdY [ 編集 ]


ボンゴレビアンコを作るとき
世間では
「そして白ワインでアサリの口を
開きます」って
誰もがそうするんですが、
アサリの産地と状態と
鮮度によっては、
山で汲んできた軟水で
フランベ?します。
そこに
アサリと抜群に相性のいい
オリーブオイルで乳化させ
仕上げます。
[2024/04/26 20:09] URL | #- [ 編集 ]

Re: 同感👍
いろんな考えかたや スタイルが
共存してる世の中なので、
どれがいい どれが悪いというのではなく、
うちはこういうスタイルです。と きっぱり言う事が
お客様のお店選びに 役立ちます。

優劣は みんなそれぞれの価値判断ですね。
[2024/04/28 14:14] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
そのひと手間と そのスタイルが違いを
産むんですね。

ちょっと参考にしてみようかな~~。
[2024/04/28 14:16] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/2369-7c3d5ae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)