二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



麦焼酎シンポジウム その6


まだまだ つづく 

麦焼酎シンポジウムの 私の感想、

凝りもせず まだ 書きます。




一夢庵はじめた その瞬間から、

私と 家内は 本当のプロフェッショナルを

目指し、試行錯誤が 始まった。


料理・器・接客から 何から 何まで、

一夢庵として 

“どれだけ 一夢庵の純度”を 高めることに

力を 注いできた。

(正直言えば モチベーションの下がってしまったこともあったが・・。)


純度を高めるって 言う事は、

言い換えれば 

どれだけ 一夢庵が 一夢庵らしく しかも 世の中と

協調しながら、私と家内の考えを お客様に

反映させることだと思っている。



今回 

とある蔵元さんと 話したのだが、

試行錯誤するのは いいんだけれど 

何のために 試行錯誤するのかってことも 大事だと 話した。


売り上げを 伸ばしたいが為に 誰かのモノマネを 試行錯誤するのか?

本当に 自分が 作りたいものの為に 試行錯誤するのか?

試行錯誤という名の ただ単に 味が ぶれているだけなのか?


まず 自分の“立ち位置”を 見定めてから

目指すべき目標を 設定し、

なるだけ 最短距離を 狙って 試行錯誤する。


一夢庵も 売り上げを 上げたいのなら 

少なくとも 今のやり方より 効率的且つ 合理的な 方法は

あると思う。

でも 

今のやり方を 私は 選択した。

それは 今のやり方の 純度を高めていく事が

本当にやりたい事だからだ。


だから 蔵元さんにも 

自分のやり方を 貫いて欲しいと思う。

(しんどいかも知れないが、やり方を 間違わなければ
絶対 何とかなる。)




絶対 なんとかなる!!!




シンポジウムでは 麦焼酎が 苦戦とか 言っていたが、

今日の一夢庵は 来るお客様 来るお客様 みんな

『麦焼酎 で おまかせ。』

だったぞ!!!!

こんな日も あるんだ。

家内と ビックリして話した。




だから

本当に 自分のやりたい事を 突き詰めて

限りなく 純度を 高められたら 

間違いなく 

それは

天下無双 敵無しの リアルな オンリーワンだと 思う。



ゴールは ないけども その境地を 目指したい。




(何が 言いたいのか よくわからん文章になってしまった。)




つづく。


シンポジウムの翌日
丸坊主の田舎モノが 品川の駅の中を
やたら キョロキョロしながら 歩いているの図。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/238-dbad1cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)