FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



麦焼酎シンポジウム
今度の 日曜に

東京は 飯田橋で

焼酎楽園さん 主催の 麦焼酎シンポジウムが 

行われる。


一夢庵も いつも 九州ばかり行っているが、

今回は 花の都 東京へ 

姫路から 殴り込みを かけてやろうや ないか!!

ということで

家内と 2人で 気合いを入れて参加してきます。



シンポジウムには 『麦焼酎の魅力を探る。』

と タイトルが つけられている。



一夢庵は 焼酎専門で いままで やってきた中で、

芋焼酎は 勿論の事

麦焼酎についても 自分なりに 勉強してきたつもりだ。


ご来店いただく お客様も 

焼酎が好きだと 言われるお客様に 限って

『芋焼酎は 好きだけど・・・麦は・・・。』と

おっしゃるお客様が 多いように 思う。


『麦焼酎は なに呑んでも 一緒でしょ?』と 

言われる事も 多いが、、、。

決して そんな事は ナイ!!と 断言します。

一夢庵の 麦焼酎は

壱岐の 重家酒造さん。

大分は 千歳の 藤居醸造さん。

長崎の 久保酒造場さん。

他にも ありますが、

全部 自分たちが 訪れた蔵元さんの 焼酎を そろえています。



それぞれ どれも 個性があって

蔵元さんの 主義主張が 感じられる 麦焼酎ばかりです。

原材料も ほとんどが 蔵のある地元の 麦や米を使って

造られています。




本来 焼酎に限らず、アルコール飲料は

嗜好品ですから、

ひとそれぞれに 感じ方は ちがいます。


当店の お客様も 私の考えが だいぶん 浸透しているので、

銘柄で 選ぶことなく、

ご自身の味覚で いろいろ 判断されているようです。

それが 証拠に

当店の焼酎は なにか特定の銘柄だけが

飛びぬけて 売れているのでは なく

まんべんなく 売れていきます。


それが 一番 いいことだと 私は 思っています。



今度 麦焼酎シンポジウムは 

“ちんぐ”を造っておられる 壱岐の重家酒造さんの

雄三さんも パネリストとして 参加されるようで、

去年の6月以来の 再会が 出来そうで、

楽しみです。



シンポジウムの後は

懇親会も 予定されているので

これもまた 楽しみです。



一夢庵!ここに あり!と 

姫路の恥を曝すことなく 行って参ります。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/247-50d54afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)