二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



京の都 その1
この連休に

とある方の お誘いをいただき 京都を 

訪れる事になった。



私にとって 京都は どうも敷居が高く、

少し 遠慮してしまう感じが どういう訳か

昔から あった。



でも せっかく お誘いをいただいたんだし

楽しもうということで いつもの作業ズボンと

ドカジャンを脱いで、

ジーンズに コートなんか 羽織って出かけた。



JRで 2000円ちょっとの電車賃なのだが、

金券ショップに 行くと 700円ほど安くなる!!


セコイかも知れないが 新快速に乗っているだけで

なんら変わらないから、

こういう 安さは 大歓迎だ!

だって 往復で 家内と2人だと 

およそ2800円も 違うのよね~~。


とにかく 新快速で 1時間半ほどだ。



京都についてからは 地下鉄に乗らずに、

歩いて 四条の錦市場の“有次さん”を 目指した。





休みの日だからなのか 

見てるだけの 人たちで 店内は 大混雑!

カップルが 店の中で 手をつないで 顔を見合わせ

調理道具を 見ながら 微笑みあっている光景は

少しだけ イラッとしてしまった。

(この写真のカップルでは と 文章は関係ありません。)


で、欲しかったのは 

この 銅でできた 卸がね(すえひろ)だ。





この卸がねは 一つ一つ 職人さんが 目を立てたもので、

卸すというよりも 切れ味が鋭く 迂闊にさわると 血が出るほど。

とうぜん 切れ味が劣化してくると、

また 目を打ち直すことが 可能。

大事に使えば 私よりも 間違いなく 長持ち!!

 
やらしい話になるが 2つで 9000円を 上回る。


でも 私は その価値は 十二分にあると 考えてます。



今日から コイツで 大根や 生姜を すります。

なぜか 笑いたくなってしまいます。


つづく


 
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/254-e9337fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)