二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



20円の差。
今日の 日本経済新聞に

牛丼の事が 記事になっていた。



そこには 

『300円の牛丼は 高くて 200円台なら もっと来店する。』

と言う内容の とある方の 発言が 書かれていた。




なんと その発言の後に ”40歳代男性”と 書かれていた。

二十歳そこそこの 方の発言なら 私も 納得したのだが・・・・。



その発言は ちゃんと考えをめぐらせて 発言されたのだろうか?

また記事にする記者さんも どういう考えで 記事にされたのだろうか?



正直に言えば  

私にとって 300円だろうと 280円だろうと

パッと見れば 関係ない事だが、

その20円の差は その企業にとって 

もはや 企業努力では 埋められない 20円に 違いない。

牛丼屋さんだけの話では 無く、全ての企業も同じ。



もし そこで 目先の売上高欲しさに 値下げに踏み切れば、

ルールの存在しないガキの喧嘩のような 企業同士の戦いが 繰り広げられ、

気がつけば 周りは ・・・・みんな ボロボロ・・

ありえそうな 話だと思いませんか、

その結果 何もしていない第三者であるはずの 我々も

結果的に 被害を被るのです。







私も含めた”消費者”も 

価格の安さだけで 判断する前に 

〝もう少しだけ 時間をとって 考えをめぐらせないと”

世の中 おかしくなってしまう。

(すでに おかしくなっているかも 知れない。)



私は 店の仕入れで 常々 

〝品質”と〝価格”は 比例すると考えている、

確かに 極まれに 〝掘り出し物”に出会うが、

それは 掘り出し物だと 見抜く〝眼力”が いる。

スーパーの特売日とは ちょっと ニュアンスが違う。







先日 記事に書いた ボジョレーヌーボも 同じ様な感じだが、

〝価格”と〝価値”

もう一度 居酒屋店主として

私なりに 考えてみよう。




そういえば

こんな事を 言っておられる経営者の方いた。

『ものすごい高い100円もあれば ものすごい安い100万円もある。』


不思議と 私には いやみな感じが無く 素直に聞けた 言葉でした。


いつか 私も 自信を持って そういえるようになれるかな~~~。

(ちょっと 無理かも・・・トホホ。)










スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/275-5562f046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)