二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



重家酒造 雪洲“御島裸”25度


先日

壱岐の重家酒造さんから 新しい麦焼酎 雪洲“御島裸”25度が

発売されました。


重家酒造さんは 個人的にも 交流があり、

一夢庵でも 完全に お客様に 認知されている 壱岐焼酎の蔵元さんです。


代表的な焼酎は ちんぐ・村主(すぐり)・確蔵などが あります。



さて 

その御島裸ですが、かなり 革新的な焼酎だと 思いました。

まず

原料には 日本では 長崎県でしか栽培されていない裸麦 御島裸をつかい

麹には 壱岐産の米を 使っておられるようです。

原料の吟味には 厳しく目を光らせておられるようで、私は 信頼しております。


特筆すべきは 

蒸留後の濾過を かなり控えめにした”にごり壱岐焼酎”と言う事!


パッと見ただけで かなりのにごりを確認できます。



早速 封をきりました。


一瞬 蒸留したばかりの香りを感じ、その後は これまた独特の風味です。

麦の香ばしさと言うよりも 

麦の奥深くから 湧き出てきた 芯の強い個性と 言えばいいのでしょうか。


一口 呑んでみると、

強い個性の香りに 匹敵する味わいかと 思うと それ程では ありません。

ことのほか 喉に 米麹の甘みと 適度な余韻を残していきます。


やはり 少し加水 もしくは 湯割りが いいかと 思います。


裏ラベルには

こう書かれています。

『重家酒造がオンリーワンを目指した、にごり限定酒です。』と

まさに 

その言葉のとおり 過去に経験した事の無い製品化された焼酎です。


ただ 気にかかるのは 

このにごり成分が 開封後に どのように 香り・味わいに 

影響を与えるのか・・・・。

開封後は 早めに 呑みきったほうが いいのかな、

だから5合瓶のみに なっているのかもしれません。





[[img(http://sake.blogmura.com/img/sake80_15.gif)]]
[http://sake.blogmura.com/ にほんブログ村 酒ブログへ(文字をクリック)]

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/287-a03fecf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)