FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2009鹿児島~宮崎~大分 その7





天文館で 飲んだ翌日は 宮崎の串間の

松露酒造さんを 訪ねる予定でした。



鹿児島市内から 串間まで 思っていたより早く

到着できました。



松露酒造の 矢野専務さんが 笑顔で 迎えてくれました。


松露さんは 2007年の7月にも 

訪ねており、今回が 2度目。

ただ今回は 造りの真っ最中!!!


蔵に お邪魔すると 仕込みをする予定の

芋が ごっそり!!


蔵の中ではまさに 今 蒸して冷ました芋を 砕き

2次仕込みのタンクに 仕込中。


横のタンクでは 2次もろみが ボコボコ醗酵中。

麹にしこむ 米を 洗って蒸すドラム。

河内商店の種麹。

一次もろみも 仕込みたてから 明日には芋を加えるものまで。

蒸留機の横の地下タンクには まさに 午前中蒸留したての原酒。





そして 松露さんの焼酎は 十分の熟成期間を

経てから 瓶詰め 出荷される。

でっかい タンクの中には 2年も3年も それ以上

貯蔵熟成されている 焼酎が 眠っている。


矢野専務は おもむろに パイプをタンクに入れては 試飲を

『どうぞ。』と ・・・。


私は 運転なので、家内が 試飲した。

実は 3年前は 私は あまりにも 大量の試飲で 昼間から

ベロベロになりかけた事が ・・・。(そのときは 運転しなかった。)


家内が 試飲している横で 私は 原酒の香りと 矢野さんとの会話を

楽しんでいた。


以前 ロットによって 味が違うと言う事を 記事にした事が

あるが、

松露酒造さんに限って言えば まったく その心配は 無い。

酒質の安定度で 言えば トップクラスだと思う。

全く ぶれない。

いつ呑んでも どこで呑んでも 酒質の安定感は 群を抜いている。

しかも 安い。






続く・・・・・・・。









スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/302-fdb71db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)