二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



焼酎の売り上げが・・


帝国データバンク福岡が

焼酎の売り上げについて 発表していた。


売り上げは 過去最高らしい。


中でも霧島酒造さんの 前年対比の伸び率が すごすぎる。



一夢庵は 霧島酒造さんの焼酎は 置いていない。

あえて 店に置くことも無いと 思っているし、

どこでも 呑めるからだ。

それに 家呑みでこそ 真価を発揮する 焼酎だと思っている。



それはともかく 

記事には 甲乙混和焼酎の事も書いていた。


文字通り 甲類焼酎に 乙類焼酎を 混ぜたもので、

全体の5パーセント以上 乙類を混ぜていると 甲乙混和と 

名乗れるらしい。



“たった 5パーセント”かよ!

大手メーカーさんが 甲乙混和焼酎を 出しておられるが、

何パーセントぐらい ブレンドしているのだろう?

その乙類は どこで 造った原酒なのか?

その辺は 謎のままだ。



日本の酒業界には 古くから

桶売り、桶買いの流通は あるが、

そろそろ 今の時代に 沿った 新しいルール作りが 

必要な気がする。


食品のトレーサビリティーなどと 言われ

スーパーの牛肉ですら 履歴をさかのぼれる時代なのに・・・。



特に 酒(日本酒も焼酎も・・)に関しては 

あまりにも アバウトすぎるように 感じる。





私は 昨年の事故米騒動の際、

店で使う 食材の履歴を 出来うる限り 調べた。

今でも 普段から 注意して 食材や調味料などを 吟味している。




どんな業界 業種でも 裏事情は あるとは 思うし、

全部を公開せよとは 言わないけれど。


もう少し 情報を開かないと いつまでたっても

同じことの繰り返しになってしまうと 思うのは 私だけでしょうか?





この写真は とある蔵元さんで 見せていただいた 

米麹を造るための 米です。

俗に言う 長粒米ですが、どうです この綺麗な米。

洋食には もってこいの 米です。



(補足しておきます。)


私が 見学させていただいた蔵元さんでは 全ての原料は 

しっかりと 管理・吟味されており、

出来上がった焼酎も 自信と責任をもって 出荷されています。

ただ 全ての焼酎が ラベルに その情報を記してありません。

その分 HP等で こまめに発表されている蔵もあります。

なにも そういう情報を発信していない蔵もあります。



私は 売れている 売れていない、人気がある 人気がないとかでは

焼酎を 評価しません。


自分で 蔵を見て 人を見て、蔵元さんに 私と言う人間を見てもらって、

酒屋さんを見て 酒屋さんに私を見てもらって、

と言う つながりの中に 焼酎や清酒が あります。 


売り上げも大事ですが、もっと大事、もしくは同じぐらい大事な

“モノ”が あると思ってます。







[[img(http://sake.blogmura.com/img/sake80_15.gif)]]
[http://sake.blogmura.com/ にほんブログ村 酒ブログへ(文字をクリック)]

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/304-1b532f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)