FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



壱岐~大分 2009 その10


このシリーズも その10です。



壱岐、口之津から 大分 豊後大野の 麦焼酎の旅を 

終えてから およそ2週間。

その間 

また 別の蔵元さんと お話しする時間もありました。


造り手さんの話をきき、

私の目で 見たこと、

それで 感じた事を 書いてきました。



焼酎に限らず なんでも “ものづくり”には

“魂”が 必要だと 強く思い直す旅でした。



今の世の中は 

安くて 大量生産で、ものすごい宣伝広告費を かけた品物が

あまりに 多く感じます。

また そういう商品ばかりが 価格のみで 判断され

“質”は 二の次に感じるのです。

私は それは それで 個人的には どうでもいいことです。


少し前に どこかの 衣料品メーカーの社長が

自社の新製品に対して

『この価格の割には そこそこの品物が出来た。』と 

テレビで 言っているのを聞きました。


“そこそこの品物”って!!

私は あまりにも 私の考え方と異なる その発言に 唖然としました。

ご自身の会社の品物を “そこそこ”と言える社長・・・。




考え方が 異なっても 私は 否定はしません。

あくまで 考え方の相違だけですからね。

資本主義の世界の “当たり前の事”です。

それに賛同する人が その会社の品物を買えばいいだけですからね。





私は 自分で作った品物を、自分で“そこそこ”なんて表現しません。


『今の自分に出来る 100パーセント。』って 表現すると思います。

明日は 明日の100パーセント。

明後日は 明後日の100パーセント。


そうやって 行こうと 今 まさに 実践してます。


自分のやりたい事が 今の時代の風潮と 合致しようと しよまいと

時代に対して 文句を言っても仕方ないし、

ふてくされても しゃ~ないしね。

かっこよく言えば

ちょっとくらい 傾奇者でも いいじゃないって思ってます。


だいたい 店の名前が 

隆 慶一郎さんの時代小説 「一夢庵風流記」から お借りしてますからね。
(昔 少年ジャンプで 連載されていた 花の慶次の原作 です。)



自分は 自分の作ったものを 自信を持って

お客様に お奨めするだけで

後は お客様の判断です。





経済的には 酒好きおやじの一夢庵なんて 本当に“ちっぽけ”な店です。

でも 

ちっぽけな店にしかできなことを、常に考え、

家内と二人営業会議をして、

独りよがりにならず、

お客さんの心に なんらかの刺激を 与え続け、

お客様から 私の心に 刺激を与えていただける、


そんな店を 続けていけるように

ぼちぼち 行きましょかね。





今回の旅も 

行く先々で いろんな方のお世話に なりました、

ありがとうございました。
 

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/355-25c67f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)