二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



壱岐へ2009


今年も

長崎の壱岐へ 重屋酒造産を 訪れました。

今回は お世話になっている酒屋さん企画の旅行で、

神戸や京都の飲食店さんたちとの プチ団体旅行で、

顔なじみばかりです。

博多から ジェットホイルに 乗って 芦辺港まで 一時間ほど、

港に着くと 重家酒造さんの 横山さんが 迎えてくれました。


昼時でしたので 

港の近くの 焼き肉屋さんで、昼食。

昼間から 焼き肉って と 思われるでしょうが、

壱岐には 壱岐牛という ブランド牛が あって、

それを みんなで 食そうという企画。

定食とは別に 単品まで 昼まっから 注文する 有様!!

確実に 体重が増えることを 少しだけ憂いながら・・・。

でも 美味い。

タレで食べるより 塩でたべるのが ベターでした。


と 腹を満たしてから 島内の観光を少し。




私は 壱岐は 3回目。


蔵元さんに 会いに行くといっても まるで 友達に会いに行ったような感覚です。


世間話をしながら 情報交換、試作品を味見させていただいたり・・・。




壱岐焼酎って 皆さん 御存知ですか?


一般的に 麦焼酎にくくられてはいますが、

壱岐焼酎は 

米麹 1に対して 麦を 2使用することが 決められています。

他にも 決まりはありますが、

この 米と麦の割合が 一番重要。

壱岐の島には 7つの蔵元さんがありますが、この割合は 

どの蔵元さんも 守っておられます。割合を変えると 壱岐焼酎を名乗れません。


そうすると どこの蔵も 似たような味になるじゃないか?と 思われるかもしれませんが、

それは それぞれの蔵元さんの腕の見せ所で、

やはり 味わいは 違ってきます。

白麹と 黒麹であるとか、

麦の種類の違いであったり、

常圧蒸留か 減圧蒸留か、はたまた そのブレンドなのか、

長期貯蔵なのか・・・・。




長くなりそうなので、このあたりで 第一話、終了です。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/368-0dc7aca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)