二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



焼酎楽園vol32

あまり 一般の方には なじみは無いけれど、

『焼酎楽園』という 定期刊行誌が ある。

文字どうり 焼酎に関する事が その内容だ。



先日 発売された vol32には

不況下の本格焼酎・泡盛の現状と課題と

特集が 組まれていた。


東京や名古屋の 飲食店の経営者の方の インタビュー的な記事が

書いてあり、

中には 焼酎専門店は風前の灯だ、とか 日本酒が伸びている、等の

意見が みられた、

また 焼酎ブームに乗って“食べ物”を おろそかにしてきた店は

しんどい、という 意見もあった。




我が“酒好きおやじの一夢庵”は どうなんだろうか?

この記事を フィルターにして 考えてみた。


大都市でもなく そこそこの地方都市の姫路、

また その中でも 魚町や塩町のような繁華街でもない、

立地に 一夢庵はある。

飲み物は 焼酎と生ビール、ビンビール、柚子や檸檬のリキュール、・・・。

俗に言う チュウハイは ない。

日本酒は 2種類だけ。 

焼酎専門に限りなく近いと 思っている。


年に何度か 九州に出かけ 旧知の蔵元さんと 情報交換を含め

世間話。

その地元 地元の食材を わたしの基準で 発掘しているつもりだ。



昨年 秋以降の 世界的な不況、

ちっぽけな一夢庵も 関係なくは無い。

影響は当然ある、でも 

それが どうした!!!!!


世間の調子が悪くなってから ジタバタして 何が出来る?

多分 右往左往するだけで、何にもいいことなんて無いはずだ。


店を オープンして以来 ずーーーーーーっと 

私なりの信念で のれんを 上げている。

景気が 良かろうと悪かろうとだ。


世間の流れも それは それで 大事な事だとは 思っているが、

それ以上に 大事な物が ある。


時々 こんな私も 自分の胸に手を当て 

『これでええんか?』 『間違いは無いか?』と 自分に聞く。

勉強を兼ねて いろんな お店さんで 食事をするたびに

一夢庵の これからを どうして行こうか 常々 考える。



なにぶん 家内と2人で やっている店なので、

良く言えば 軌道修正のしやすい フットワークの軽い店だが、

悪く言えば 吹けば飛ぶ様な“ちっぽけ”な店だ。


まあ どれも これも 自分で選択した“道”。


後悔なんて する暇は無いし、

そんな暇が あれば 新たな お品書きでも 考える。





来店いただいた お客様が 

二度三度と また 来て頂ける 店作りを 

家内と2人で ボチボチ やりますわ~~。



物事は 難しく考えれば キリが無いので、

自分の身の回りの事ぐらいは 自分の知恵と知識で

世間一般の常識に 照らしあわせた上で

オリジナルな店が 出来れば 最高だろうな。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/371-fdc89b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)