二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



電気料金
極めて 私的な 電気料金の話です。
 
福島の原発事故以来
 
全国的に節電の 必要性について
 
色々と 言われております。
 
 
一夢庵の電気料金は 
 
昨年の 猛暑で エアコンを よく使った夏場でも
 
35000円で お釣りがきます。
 
今住んでいる ハイツの部屋の電気代は マックスでも 2000円で
 
お釣りがくる状況を 
 
店は オープン以来
 
部屋は 住み始めてから ずっと 維持しております。
 
詳しい使用料まで いま 頭に入っていませんが、
 
料金は 店と部屋を足して 35000円を 超えることは ありません。
 
 
 
 
私は 電気製品などを購入する時
 
真っ先に 検討するのは
 
本当に その電化製品が 私に必要かどうか?
 
 
維持費(ランニングコスト)が どれほどかかるか?
 
と 言う事です。
 
 
 
そう考えると 結局 その電化製品は 買う事は ほとんど ありません。
 
 
ずっと こんな生活なので 別に 不便を感じる暮らしや
 
ひもじい思いを家内に させていることも ありません。
 
 
 
ちなみに
 
一夢庵の店の中の照明は オープン当初から
 
電球型蛍光灯(パルッ○ボール)です、
 
この7月末で 丸々9年たちますが
 
オープン以来 14個のうち 8個は いまだに切れていません!!
 
異常なほど 長持ちしています!
 
 
 
節電とか 節約 省エネって 言うものは
 
言われてから 考えたり するものではなく  
 
普段から その生活をしていくことこそが
 
大事かと 思っています。
 
これは 何も電気代だけの話では ありません。
 
 
 
 
 
昔 北の国から問うドラマの 作者
 
倉本 聰氏が とあるインタビューで
 
『1000分の500も 2分の1も 同じ、分母を 大きくすると 分子も大きくなる。』
 
というようなことを
 
話されていた事を記憶しています。
 
うまく 言えませんが
 
そういう 考え方も 参考にして
 
暮らしていこうかなと思ってます。
 
 
 
 
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/38-decb7823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)