FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



日南娘 甕壷寝かし

イメージ 1

宮田本店さんの 芋焼酎

日南娘 甕壷寝かし 28度です。

2007年の7月に 宮田本店さんの蔵を

見学、訪問した時の事を

思い出します、

また 宮崎も ゆっくりと 旅してみたくなります。

姫路からだと 遠いけど、この際 関係ないね。




1994年産 甕壷仕込み 芋焼酎を

15年間 甕壷で 熟成の 品物です。

裏ラベルには 仕次法による 熟成と書かれています。

泡盛の熟成方と 同じやり方です。

巻いている新聞紙も 1994年12月5日月曜日の日付が!


宮田さんの限定品は 数が ・・・・。

このラベルには 140/144と 書かれています。


今回 一緒に 入荷した

日南娘 黒麹には

1840本中の 1297って ナンバーリングが しています。


生産本数の 多い少ないだけで

価値が決まるわけでは ありませんが、・・・・。


今 封を切りました

家内と 味を利いてみます。


香りが 柔らかで、蔵の中にいるようです。

まず、一口。少し土の付いた芋の皮を 感じたあと、

芋の甘さを 強く感じます。

後口で、舌の上に 芋がのっている風味です。

今までに 飲んだ芋の熟成ものと 違って 米麹の甘み・風味を 感じません。

芋の熟成感の 奥行きが 深いです。

仕次法だからでしょうか?

宮田さんらしい やさしさが 身体に 充満してます。



いままで 芋焼酎の熟成には 若干 疑問がありましたが、

泡盛と同じ仕次法の熟成は 

芋焼酎にも 十分 通用する熟成法では ないでしょうか。

衝撃的です。


こいつは ストレートが うまいかな。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/385-9ba4cfe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)