FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



焼酎が好きだからこそ。


今日も また 新たに 混入の可能性が ある、

蔵元さんが 判明した。

とりあえず 当店の 取り扱いは なく、ホッとしましたが、


どう考えても 釈然としません。


事故米を 売った “不逞のやから”は 当然の事なので、こっぴどく 懲らしめてやりたいのですが、

なぜ その米を 買ったのか?


確かに 米の流通は 昔と比べ かなり 複雑化してますし、

当然 米の履歴を 調べるのも 困難きわまる事だとは 思います。



私も ちっぽけな 居酒屋家業を やっている中で、経験的に 

“安い 品物には 安いだけの理由があり、高い品物にも 高いだけの理由”が

あることを 学びました。

本当の“掘り出し物”は めったに ありません。


今回の事故米混入の焼酎原料用の価格も 見ましたが、微妙に安い。

微妙な安さと 取引先との信頼で 購入されたかもしれませんが・・

それは いかがなものか?

麹米に 使用するのであれば 麹の出来不出来に 影響は なかったのでしょうか。

しいて言えば 出来上がった焼酎の 品質には 影響なかったのでしょうか?

その事が 非常に気になります。


私は 今まで 数多くの焼酎の蔵元さんと 直接 お会いして お話してきました。

お話しすると 蔵元さんも 私も お互いに どんな考えで 仕事に 取り組んできたのか

なんとなく 分かります。

それぞれの蔵で 設備を大事に使い、原材料を大事に扱い、経験に基づく仕込みをされ、

出来上がった焼酎に 自信を持って 造られています。

規模も比較的 小さい蔵元さんが 多いのですが、だからこそ 出来る仕事を

100パーセントに こなしておられます。

その姿を 垣間見たら、私も エ~加減な仕事は 出来ません。

エ~加減に 焼酎を 扱う事は 決して出来ません。



今回の事件で 焼酎業界全体は すこし逆風には なるでしょうが、

私は これからも ずっと 焼酎を 愛してやみません。

ずっと 飲み続けます。



今回の件で お客様の中で メールアドレスを お聞きしている方には

昨日の時点で 当店の 取り扱いのある焼酎の安全性について

メールさせていただきました。

すると ある方から 返信で『一夢庵を 信用してるから また 近々 寄らしてもらいます』

と メールが ありました。

私自身 この言葉を 肝に銘じて これからも ボチボチ 頑張ります。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/491-15945c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)