二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



甥っ子 


昨日の営業の口開けに

おいらの 甥っ子 (この4月から 小1&中一)2人が

店にやってきた。

上の子は もうすっかり おいらには なれて普通に話もできるのだが

下の子は おいらに ぜんぜんなじんでくれない、と言うより

“おびえている”

近寄ってこないし、口もきいてくれないし、目もあわせない。

家内とは じゃれて 仲良く遊んでくれるのに・・・



ただ 料理人としてのおいらを 彼なりに評価してくれているようで、

『お兄ちゃん(おいらの事)のだし巻きは 美味しいよ。』とか

『おかわり』とかは 言ってくれるのだが、

それでも 目をあわさず あっち向いたまま 言う。


おいらなりには “子供とお年寄り”には自信があり、

ご近所の子供さんとか お店に来てくれた子供さんには

わりあい 受け入れられるのに、

一番近くの 身内の子供に 受け入れられない。


なぜだ!

まあ おいらの 料理は 受け入れられているようなので

それで ヨシトスルカ。

そんな甥っ子が 置き忘れて帰った マリーンズの帽子です。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/600-bc08294e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)