FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



自分の立ち位置の確認
一夢庵は 飲み物を 本格焼酎に 思いっきり 力を入れた居酒屋です。

食べ物は 出来る限り 既製品を使わず 私が 自分で仕入れて 自分が食べたいと思うものを

焼酎を呑む時をイメージしながら 味付けして作っています。



作り手としての 自分のスタンスも “ぶれないように ぶれないように”と

心がけています。



それと同時に

私には 経営者としてのスタンスも 大事です。


売り上げがいくらで 仕入れがいくらで と 毎月 毎月 

把握しています。

当然 税理士さんと 契約して 月次も キッチリと出していただいてます。。


家内と2人でしている ちっぽけな店ですが

ちっぽけが故に きちんとしておかなければならない事は

きちんとしておかなければならんのです。

経営者としての手腕などという言葉は 私には不釣り合いですが、

それでも 商いを続けていくうえでは

その手腕は 自分がどう思っていようと 世間さまから日々試されるのです。


料理を作って お客様を迎えることも 

一夢庵の経営状態を把握することも 

あたりまえなことなのですが 大事なことです。



何やら 世間は 世知辛い話しか聞こえてきません。


しばらく通って無かった道を 久しぶりに通ると 

あったはずの店がなくなっているなんてことは よくある事です。

しかし 

いつでも それは同じです。

時代が悪いから とか 人さまが悪いからではないのです。


経営者としての判断を どこかでボタンを掛け違えたことに気づかぬまま 突き進んでしまい

とり返しのつかない所まで 行ってしまったからです。



正直言えば 一夢庵も 経営面からは 間違いだらけかもしれません、

いや 間違いだらけです。

ただ その間違いを いち早く察知して 素早く修正すれば 

非常事態に陥る前に 危機回避出来ると 考えています。



お客様から 頂いた言葉で

私が 死ぬまで心にとめているであろう言葉、

それは

『今日は 美味しかった。』ではなく 

『今日も 間違い無かった。』という言葉です。


『今日も正しかった。』ってなんだか変な言葉ですが

『今日も 間違い無かった。』って すごく今嬉しいし

明日もガンバろかね~~って 前向きになれる言葉なんです。









こうやって 私が ブログを触っている横で 家内は 今日の計算をして帳面に記入しています。

現金も キッチリ合わせてくれています。

感謝感謝!!





スポンサーサイト





コメント
No title
膳蔵です。
どこに重きを置くか・・・何をするにも大事なことだと思います。
ともすれば「料金サービス」「値下げ合戦」になってしまいがちな我々の業界。
そしてその行き着く先は・・・
「商売をする以上、儲からないのは罪。」
「利益は、お客様の満足分(料)。」など
以前お世話になっていた会社の上司が言っていた言葉なのですが、
しおたにさんのスタンスやつぶやきを拝見するたびに重ね合わせて
考えることがしばしばあります。

鹿児島は梅雨明けしました。
そちらも暑い日が続くでしょうが、
しおたにさん、奥様におかれましてもくれぐれもご自愛くださいませ。
[2011/06/28 18:50] URL | 膳蔵 #- [ 編集 ]

Re: No title
> 膳蔵です。
> どこに重きを置くか・・・何をするにも大事なことだと思います。
> ともすれば「料金サービス」「値下げ合戦」になってしまいがちな我々の業界。
> そしてその行き着く先は・・・
> 「商売をする以上、儲からないのは罪。」
> 「利益は、お客様の満足分(料)。」など
> 以前お世話になっていた会社の上司が言っていた言葉なのですが、
> しおたにさんのスタンスやつぶやきを拝見するたびに重ね合わせて
> 考えることがしばしばあります。
>
> 鹿児島は梅雨明けしました。
> そちらも暑い日が続くでしょうが、
> しおたにさん、奥様におかれましてもくれぐれもご自愛くださいませ。


禅僧様 こんばんは。
わたしごときが 偉そうに人さまに言える事なんて 何もないのですが、
自分で心がけておきたい事を 自分で書いているだけです。
いろんなやり方があることを私は否定しません。
何事も多様性は 必要です。
ただ 世の中があまりに 値段競争であるとか お客様の為にならないサービス合戦が
目につき過ぎるのは 私だけでしょうか?

まあ 兎に角 一夢庵は 家内と2人のちっぽけな店なので
出来る事と 出来ない事が はっきりしてます。
出来る事を 精度を高く お客様にお金を頂くことが恥ずかしくないような内容で
勝負していこうと 思ってます。

[2011/06/29 00:41] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/691-723ed5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)