FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



それぞれの焼酎の実力と 料理とのバランス。
昨日の営業は 比較的ゆっくりしておりました。
 
こんな日は 
 
カウンターを挟んで お客様とじっくり会話ができます!!
 
 
ひょんなことから 姫路の飲食店談義が 始まったり
 
本格焼酎について わたしが どんなふうに考えているかとか
 
それぞれの 焼酎について
 
どう思うか みたいな話になりました。
 
 
 
よく お客様の口から出る言葉で
 
『美味しい焼酎は 水で割ったり お湯割りにすると もったいない。』
 
という 事を よく聞きます。
 
一夢庵では 
 
食中酒としての 本格焼酎の良さを 
 
わたしの作る食べ物と一緒に味わっていただきたいので
 
どちらかと言うと ロックで飲むよりも 水なり お湯で割って飲むことを
 
お薦めしております。
 
 
ほとんどの焼酎は アルコール度数25度あります。
 
簡単に言えば グラスの中身の4分の1は 
アルコールです。
 
これでは 身体に対する負担が 
(ものすごく酒に強い人はともかく)
 
大きすぎます。
 
また 料理と ぶつかってしまうような
気がしています。
 
焼酎と 料理が 互いに まん丸に調和して
 
酔っぱらいすぎることもなく 五臓六腑を満たすためには
 
やはり 割って呑むのが 適切かと思います。
 
それに お湯で割ったり 
 
水で割ったりすることで 
 
焼酎の香りや 味わいが ロックで呑む時よりも 
ひき立つ事が
 
あると思います。
 
お湯割りの 焼酎から 立ち上がる その香りに 
一度魅了されると
 
完全にくせになってしまいます。
 
前割にして それを 燗につける・・・・もはや
醍醐味です。
 
水割も同じです。
 
若干 角のある味わいの焼酎でも 水となじむと
 
角が取れ まろやかに スムーズに 
喉を通っていきます。
 
 
 
だから 
 
割って呑むことは 決してもったいないことではないです。
 
また 割って飲んだ時に 
 
その焼酎のが どのように 味わいと香りを 
変化させるか、
 
そのあたりが それぞれの焼酎の 実力の見せどころでは ないでしょうか!
 
 
 
一夢庵の 水は わたしが 汲みに行っている 
宍粟市の山奥の天然水です!
 

 
みなさんに お出しする前に 一度 煮沸させております。
 
どうぞ 安心して お飲みください。
 
当然 氷も お湯も すべてその水です。
 
一夢庵のある 飾磨の水道は カルキが ちょっと強いですもん!
 
明らかに 水道水とは
 
水の差は 絶対あると思います!!
 
 
 
ある意味 一夢庵の水割やお湯割りは
 
他の飲食店で呑む 水割り・お湯割りとは 違います。
 
どう違うかは 人それぞれで お口に合えば 幸いです。
 
 
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/70-2bcbddb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)