FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



節電のお願い?
日本全国的に

電力会社は 節電のお願いとやらを テレビ等で 流している。

何気なく聞いていると

『まあ 仕方ないか。』と 思っていたのだが・・・・。



ちょっと待てよ!!

電力会社にとって 電気は 売り物 であり 商品。

それを 自ら 使わないでちょうだいと お願いするのは

自分で 自分の商品の不買運動を起こしているようなものじゃないか?


もし仮に 一夢庵で 何らかの不手際があって お客様に

多大なる迷惑をおかけしてしまった場合、

ただちに そのお客様への今後の対応と

再発防止に向けて 一夢庵の新たな取り組みを 実施するのが 

商売人としての 当然の責務だし

存在意義だと考える。





各電力会社も 上場しているような企業なら

なぜ 自社基準の強化や 安全性を高めるコストについて社内で議論し

監督省庁 並びに 広く広報するべきではないか。

そして 然るべき対応策をとるのが 企業の姿勢ではないか。


既存の発電所

特に 原発の安全性を 自ら 高める努力をしないんだろう。

それとも しているのだろうか?


普通で考えれば

自社製品(この場合電力)を売るために 努力するのが

企業だろ?


そういう発想自体が 電力会社に欠けているなら・・・・・・。

国や 安全委員会から 言われなければ

対策に動けないような組織であるならば、

まず そういう企業体質を変えていかないと

今後 既存発電所に対する新たな対応策や 

新しい形の発電の模索も 

進まないような気がする。


ガチガチに法律やら 既得権益で 守られていることが

柔軟な発想と 市場での競争原理を無視した

電力会社の企業としての姿勢に繋がっているとすれば

まず そのあたりを 改めないと

一国の電力エネルギーを 企業として これからも 供給し続けるには

この先 いずれまた どこかで 歪みができるような気がする。


全国的に テレビ等で 莫大な金を使って 節電をお願いする前に

まず 一企業として もっと他に するべき事が あるように感じるのは

私だけだろうかね~~~。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/700-7ab9c568
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)