二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ブームが終わった今だから。
焼酎が

これからも お酒のチャンネルの一つとして

存続する為に

どう 焼酎の魅力を伝えていくかって事は

家内と

よく話する。

大げさに聞こえますが

一夢庵は 焼酎専門と言っていい程

本格焼酎に特化しているので

店の将来と 焼酎の将来は リンクしていると思っています。


今回の旅のように

たとえ身内とはいえ 10歳の小学生が

焼酎蔵を 訪問する事は

かなりの印象を残すだろうし、

大人になれば 呑んでみたいと思ってもらうことも大事だろう。



未来につながる前に ブームが終わった今だから

しっかりと 間違いのないように

焼酎を楽しんで いただくことこそが大事。


清酒や ワイン様な醸造酒との違い。

蒸留酒でも スコッチやウイスキーとの違い。

焼酎と同じように言われますが 甲類と乙類の違い。

それを 踏まえたうえで

本格焼酎の特徴が どうなのかという事。


全部のお客様に伝える事は 難しいですが

せめて お客様の疑問には 答えられるだけの

知識と考えは 持っておこうと思っています。



日本酒を含め 本格焼酎も ワインも 

すべてのアルコール飲料は 究極の嗜好品。

それぞれの良さを 

飲み手の方に どう伝えるか

それこそが 私の一番の醍醐味です。

どう伝えるかを考えつつ

どんな料理が合うのかな?と 想像している時間が

すごく充実しています。


一夢庵も 忙しい日もあれば

ゆっくりしている日もあります。

経営者的には 売り上げがある方が嬉しいですが、

個人的には ゆっくりとしている日に

ゆっくりとお客様と 焼酎談議をすることが

実は 楽しいのです。








今週の営業も 何とか無事に終わりました。

お陰さまです、

ありがとうございました。

日曜は 定休日です。

店の掃除や何やらと用事はありますが、

ゆっくり体を休めます。





スポンサーサイト


コメント
先日はありがとうございました
格闘技界もブームが終焉しましたね。
キャラ優先、視聴率が取れるなら残酷シーンも放送。
結局は飽きられて・・・ですね。


ホンモノは流行に流されず、いつの時代にも不動のものだと思います。
[2011/08/21 14:15] URL | ブガチョフ・さるる #- [ 編集 ]


こんばんは、膳蔵です。
今回もステキな時間(壱岐の旅)を過ごされたようで何よりです。
鹿児島で商売させていただいているボクたちも、しっかり考えていかなければ・・・。
[2011/08/21 21:29] URL | 膳蔵 #- [ 編集 ]

ブガチョフさるる様 こんにちは。
> 格闘技界もブームが終焉しましたね。
> キャラ優先、視聴率が取れるなら残酷シーンも放送。
> 結局は飽きられて・・・ですね。
>
>
> ホンモノは流行に流されず、いつの時代にも不動のものだと思います。


確かに 格闘技のブームも 今思えば ビジネス偏重でしたね。
飽きられてしまった感も 強いですね。

本物が 本当に生き残れる時代なのか?
本物ですら 生き残れない時代なのか?
たまに 疑問に感じることもありますが、 
まじめに 真摯に 取り組むことでしか 今は 打ち込めません。

がんばりまっしょい!!!
[2011/08/22 15:07] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]

膳蔵様 こんにちは。
> こんばんは、膳蔵です。
> 今回もステキな時間(壱岐の旅)を過ごされたようで何よりです。
> 鹿児島で商売させていただいているボクたちも、しっかり考えていかなければ・・・。


お陰さまで 良い旅でした。
地元ならではの 鹿児島らしさを 発揮すれば
何も 問題ないかと思います。
むしろ ブームに乗っかっただけの店こそ 問題だらけです。
飲食店に限らず 小売店でも いまだに“入手困難ナンバーワン”などと
ポップを書いて プレミアで売ってる小売店も こちらでは 多いですよ。
[2011/08/22 15:10] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/727-5dcaa41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)