二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



壱岐焼酎 重家酒造の夜を終えて
今夜の一夢庵

“壱岐焼酎 重家酒造の夜”は

おかげさまで

大変 有意義な飲み会だったかと思います。

残念なことに 

蔵元の横山氏が 台風の影響で船が欠航、

結果的に 壱岐から出れずじまいでした。





壱岐焼酎は

米麹を使った麦焼酎。

数ある焼酎の中でも

食中酒としての もともとポテンシャルの高い

焼酎の一つです。

(焼酎は嗜好品なので あくまで 
私の極めて私的な表現ですけど
そのあたりは おおらかに 読んで下さい。
決して 意見を押し付けるものではありません。)


参加された方の中には

芋焼酎派で いまいち 麦焼酎に 

触手の伸びていない方も

2杯目 黒ちんぐの 水割りには 

強烈に 今までの麦焼酎のイメージを

覆された方もいました。


まあ

私も 良いタイミングで 料理を出せて

いい感じで みなさん 話され

当店が 重家酒造さんの焼酎を仕入れている

酒屋さんも 面白おかしく与太話を混ぜ込みながら

熱く語って 場を盛り上げてくださいました。


何よりも

参加して下さった皆さんが

本格焼酎を 

素直に受け入れ

分からない事は 素直に質問し

かと言って 小難しく考えることなく

素直に 楽しく時間を 過ごしていただけたように感じました。


本格焼酎に限らず

酒は やっぱりこんな感じで 呑まないと

楽しくないよね!



参加していただけた方には

重家酒造だけでなく

壱岐焼酎 壱岐の風土を 少しは

わかっていただけたかと 思いますよ。




今後

一夢庵も この様な 飲み会を 

たまには 計画しようかななんて思います。

その際には

また 皆様に ご連絡 ご報告させていただきますので

よろしくお願いします。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/749-234bdf77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)