FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



造り手の考えを 私は表現できているか?その1
先日 壱岐焼酎 重家酒造の会と題して

会を 開きました。

お客様のお話を いつものカウンターでの営業以上に

ダイレクトな反応を 見て 感じたことがあります。



今回は たまたま 重家酒造さんに特化した飲み会でしたが、

重家酒造さんの思う 焼酎の味わいであり

焼酎の呑み方であり、焼酎の楽しみ方が

お客様の思う 味わいや呑み方 楽しみ方に

一夢庵が 応えられているか どうか?と 言う事です。

ただ単純に 

「この焼酎 美味いね。』だけの評価なら

お客様も 社交辞令的には 言っていただけます。

私の考えるのは

その先です。


『あの時呑んだ あの焼酎は 美味かった、
確か銘柄は 〇〇。 〇〇酒造だったかな。』と

ここまで お客様に インパクトを与えられ

銘柄・蔵元まで記憶していただけるかどうかです!


さらに言うのなら

『前に 一夢庵で 〇〇を呑んだけど
同じ銘柄を 家で呑んでも なんか味が違う。』とまで

言っていただけるかどうかです。


一夢庵で 水割りや お湯割りを作っているのは

家内です。

単純に 水を入れたり お湯を入れたりの作業ではありません。

料理もそうですが シンプルなものほど 突き詰めれば奥が深いです。

家内が造る水割り・湯割りは かなりの腕前だと

思っています。

水も 氷も 汲みに行った天然水を 一度 煮沸してから

使っています。

だから 一夢庵の水割り・湯割りは ある意味 一夢庵オリジナルです。


水道水と製氷機の氷で造った 水割り・湯割りでは

蔵元さんの思う味わい・飲み方・楽しみ方を 

正しく表現できるのでしょうか?

私は かなり疑問です。

これからは そういうレベルで

一夢庵として勝負しないと

せっかくブームで 本格焼酎が 世間に認知されたのに

結局ブームはブーム みたいな感じで 終わってしまいます。

どこのバーが スコッチに製氷機の氷を使いますか?

どこのバーが 水割りに水道水を使いますか?

少なくとも 私が ちょいちょい行くバーでは 

そんな事をするマスターは いません。


私が 本格焼酎に対して 

大事にしていかんといけない事は

そういう事です。






続く
あっ! 今日は祝日、
いつもなら 一夢庵は お休みしていますが、
今日は 営業しています!!!
























スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/750-f8928e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)