二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



造り手の考えを 私は表現できているか?その5
本格焼酎には

本格焼酎の良さがあるはず。

無いはずは 無い。



私は その良さを 

本当に理解して 引き出せているのかどうか?

自問自答だ。

私の作る“あて”含めて いつも考える。

『水割りは ただ薄めただけではない、
水を足すことによって 本格焼酎の持ち味を 引き出すんや。』

『薄めるだけやったら 何も考えんでも 誰でもできる。』

と 家内はいつも言う。



数ある蒸留酒の中でも 

食中酒として通用するのは 

本格焼酎ぐらいじゃないだろうか。

ましてや 何年も貯蔵することなく

蒸留したその年に 消費される蒸留酒も なかなかない。

一口に本格焼酎と言っても

その原料は さつまいも 麦 米 黒糖 そば・・・・・

多種多様だ。


日本人には 

麹・酵母を使って造られた酒が 

身体に 合うようにできている。

身の周りには 麹・酵母で造られた食品が

たくさんある。

せっかく ブームで ある程度 

世間に認知されたのだから

それを一過性のブームとしてとらえるのではなく

さらに本格焼酎の可能性を

本気で考える 酔狂な居酒屋が 一件ぐらいあっても

誰の迷惑にもならんでしょ。(笑)


ただ 本格焼酎を売りたいだけなら

もっと他に 効果的なやり方や

考え方も あるだろうが、

一夢庵は ただ単純に 売り上げ増だけを 目指してはいない。




ここ数回 “造り手の考え”と言う言葉を使って

文章を書いているが、

私の言う造り手とは

商業至上主義だけでなく 自分の一生の仕事ととして

本格焼酎造りに励んでおられ、

どちらかと言うと 小さい規模で

産業革命以前の家内制手工業にも似た 

蔵元さんとの交流の中で

私が 個人的に感じた蔵元さんの考えです。 


それぞれの本格焼酎の味や 評価について

私が個人的に ブログ上で述べることはありません、

一夢庵のカウンター越しに

私の見解を述べさせていただくことはあります。


本格焼酎を商品として扱っている私が

特定の銘柄を プッシュすることは 

押しつけ以外のなにものでもありません。

そんな商売は 私の意識の埒外です。




一夢庵が 本格焼酎を商品として扱い 

利益を得ているという事の

責任と覚悟は こんな感じです。


お客様個人個人が

本格焼酎を飲まれる時に

ここまで考えていれば 楽しさが半減します。

考えるのは 一夢庵の仕事です。


どうか 

楽しく 健康に 健全に

本格焼酎を 呑んでやってください。

売り手である 一夢庵は そう考えています。

もしかしたら 造り手の“本当の考え”も そうではないでしょうか?









スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/754-50f90834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)