FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



大きい蔵元と小さい蔵元
営業が終わって

毎日 家内と 店で

晩御飯を食べながら 

一夢庵2人営業会議みたいな話に

なることがほとんど。


店の具体的な売り上げの話であったり

お客様との会話の内容であったり、

本格焼酎の 一夢庵としての提供の仕方であったり、


と 先日

家内が 水割りや お湯割りについて

興味深い事を 言いだした。

『大きい蔵元さんの焼酎と
小さい蔵元さんの焼酎の 味わいの出し方は
なんとなく 感じが違うように思う。』

と。


聞いていると

水割りや お湯割りをいつも作っている家内は

当然 お出しする時に 少し味を見てから

お出しするのだが、

大きい蔵元さんの焼酎は 

どのポイント(割合)で 割っても

まんべんなく味が出てて、

(極端に薄すぎたり 濃すぎたら 話は違いますよ。)

まんべんなく美味しいと感じる、



小さい蔵元さんの焼酎は

同じように どのポイントでも 

それなりの味わいは 当然あるのだが、

ここ!!っていうポイントで 

煌めくように 美味しく感じるポイントがある、

と 言いだした。


家内は 一夢庵を オープンさせて以来

ずーーーーっと 

水割りや お湯割りを作り続けているから

彼女なりの経験で 

そう感じるモノが あったんだろう。


私も 家内の言わんとすることは 

理解できる。


規模の大きい蔵元さんと

規模の小さい蔵元さんの 

どっちがどうで

だから こっちが優れているということでは無く、

それぞれの 本格焼酎に対する

一夢庵の女将の

実にアバウトな 表現の仕方の一つに他ならない。




そう考えると

私は 実は 思う節がある。

焼酎ブームの真っただ中 生産量を増やすべく

急激な設備投資を行った蔵元さん、

どこがどうでと 具体的な名前は出しませんが、

ブームのさなかに 微妙に酒質・味わいが変化したと

感じる蔵元が 何軒かあった。

(これは 私の個人的感想ですよ。)



それまでは 小さい規模で 造っていた焼酎、

それが 設備の拡大で 今までと違って

大きい規模には それなりのやり方があって

今までの同じやり方では 通せなくなるのは 当然のこと、

つまり

家内の言うところの 

大きい蔵元と 小さい蔵元の味の出し方が

どのタイミングかで 

バランスを崩したのでは

ないだろうか?


結果的に 

言うと バランスを崩したのは

味わいや酒質だけでなく

経営の側面から考えても

言えるのかもしれない。



(言うならば
 大きい飲食店 小さい飲食店 
 大きい企業 小さい会社
 色々と置き換えて考えても
 なかなか おもしろい思考ができそう・・・・。)




世の中は とかく新しいモノを

求め

古くて変わらないモノを 疎んじる風潮が

強いのだが

肝心なことは

変わってもいい所 むしろ 変えるべき所

変えてはいけない所の 選択と判断

そして

その結果に かかってくる責任。












スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/755-48b95cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)