FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



今年の奴は 味が なんだか違うな~~。
今年も

とある蔵元の 年に一回の限定焼酎が

一夢庵に 

やってきた。


この蔵元は お客様にも 評価が高く、

当然 この銘柄も 首を長くして待たれている方も多い。


一夢庵では

こういう特別な商品に限らず

ほとんど 仕入れたら 

一番に封を切って あたりを利く。



『今年の奴は なんだか いつもより
パンチがなくて 優し過ぎるな~~。』

『いつもなら お湯割りが抜群に美味いと思うけど、
今年の奴は 湯割りと言うよりも水割りにイメージかな?』


すぐさま

仕入れた酒屋さんに 

どうも例年よりも 味わいが優し過ぎる

鹿児島の芋焼酎なのに 宮崎の芋焼酎のようだ

との旨を

電話した。

その酒屋さんは その時点で 味を利いてなかったが、

翌日に すぐ電話があり、

私と同じ 感想だと 言う、

また 蔵元さんには 近々伝えておきます、とのことだった。



裏ラベルには

その焼酎の比較的 詳しいスペックが書かれており、

昨年のモノと比べると

麹に使った米の品種は同じだが 産地が違う。

『ひょっとして この差が原因?』

『それにしては 味わいが ちがいすぎるよな~。』

『米麹の力が 強いのか?芋の力が 弱いのか?』

などと 家内と 話をする。




それぞれの蔵元さんの造りを 

いち 居酒屋が ガタガタ小言を言うつもりはないが、

やはり 私もお客様にお金をいただいている以上

その商品に関しての

情報と 知識は 必要、

お客様の口に入ることに対する責任は勿論、

究極の嗜好品である 魂のこもった酒だからゆえに

微細なことかもしれないが

味わいの変化を確実に感じるのであれば

その理由と原因 

そういう味にした意図は 

確かめる努力は必要。

だから

酒屋さんを 通して 蔵元さんに 尋ねてもらう事にしている。

まちがいなく その酒屋さんも 蔵元さんに キッチリと

その旨を伝え 納得する説明を

私にしてくれるはずだ、

そういう酒屋さんだから 私も 安心できる。








スポンサーサイト





コメント

自分にも安心と云おうか信頼と云おうか・・・
お気に入りの酒屋さんがあります。
質問に対してきっちりと説明してくれます。
そして何よりも会話が楽しいのです。
一夢庵の大将と女将さんのこだわりと
努力に感銘します。
[2011/10/26 23:03] URL | 焼酎漬け #nxzuATHA [ 編集 ]

Re: タイトルなし
焼酎漬け様 こんばんは。
姫路も いきなり気温が下がってきました。
最近天気は 兎に角極端ですね、暖かいと思えば 
次の日には 平気で5度以上気温が下がります・・。

> 自分にも安心と云おうか信頼と云おうか・・・
> お気に入りの酒屋さんがあります。
> 質問に対してきっちりと説明してくれます。
> そして何よりも会話が楽しいのです。

そんな酒屋さんが 身近にあるようでしたら
間違いない酒が 手に入りますね、
酒ライフには 何よりです!!

> 一夢庵の大将と女将さんのこだわりと
> 努力に感銘します。

私が思うに 私のしている事は 当たり前のことで
ある意味 一夢庵クオリティーです。
店のクオリティーを維持・向上させるためには
必須科目のように 当たり前にこなさねければ
ならないことではないでしょうか。

どんな商売であれ 商品説明すら満足にできない店では
顧客のニーズを満たせるとは 思えないのです。

私のしていることなんて 大したことではないですよ。(笑)

蔵元さんが 一生懸命作った焼酎を 
より美味しくお客さんに呑んでいただける、
それが一番です!

コメントありがとうございます。
[2011/10/27 00:49] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


これぞプロ。さすが。
[2011/10/27 10:45] URL | たかし #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
たかし様 こんにちは

> これぞプロ。さすが。

自分では まだまだ だと思ってますが、
アマチュアではない事は 確かです。

[2011/10/27 14:07] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


お久しぶりです。ちょっと前の記事に失礼します。
私も今期の物は同感でした。
麹米の影響かな?とも思いましたが、
ひょっとしたら、黒瀬杜氏さんがいなくなったのが影響した
のではないかとも思いました。
でも、美味しかったですよ♪
[2011/11/09 23:43] URL | 焼酎推進課 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
主任さま こんばんは。
こちらこそ ご無沙汰しております。
銘柄名は 隠しておりましたが、ばれましたか!
お察しの通りの銘柄です。

> 私も今期の物は同感でした。
> 麹米の影響かな?とも思いましたが、
> ひょっとしたら、黒瀬杜氏さんがいなくなったのが影響した
> のではないかとも思いました。

杜氏さんが おられなくなったのですか!
その情報は 持ち合わせておりませんでした。
一説には 仕込んだ芋のクオリティーが いまいちだったとか
言われているようですね。

麹用の米の質が とりわけ良い場合、
米の甘みと 優しさが 主原料の味わいより強く出てしまう事は
芋焼酎に限らず、壱岐焼酎のように 米麹を使った麦焼酎でも
有るように感じています。
そのあたりのバランスは 料理でも同じような感覚です。


> でも、美味しかったですよ♪

おっしゃるように 美味しさと言う点では
間違いないのですが、
例年通りの味わいを期待されるマニアックなお客様だけでなく
全てのお客様に おカネをいただいて提供しているので、
それなりの商品知識は 身につけておかないと
責任を果たさないので・・・ネ。


小さい蔵元さんの 造られるものですから
ある範囲内での味わいの誤差は 当然ですし、
その誤差が 魅力の一つでもあります。

ただし 私の造る料理も同じなのですが、
誤差と言う言葉の範疇を超えた味わいの違いを 
許容するのも おかしな話になって来るのではと
思っています。

コメントありがとうございます。
[2011/11/10 01:07] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/769-7d88c0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)