二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お行儀 2
飲食店内の写真のことで

もう少し 言いたい事がある。



ブログなどで

気軽に 何を食べました みたいな

記事を目にすることは

今や 当たり前。


私も ネットを通して

言うところの グルメブロガーと言われる方とは

面識もございます。



あえて 一言。

そういう方に 物申さざるを得ません。


今までに 

いろんなブログを拝見させていただきましたが、

(これからも ネット上の情報は 目にするとは思います。)

その中には

店の実名を挙げて

河豚の肝の写真が 

でかでかと掲載されて、

あげくに

『特別に出していただきました、美味しかったです。』

等と 

人さまへの迷惑を

全くわかっていない記事も 見かける・・・・。




『満席でした、予約していてラッキーでした。』

と 書いて 

事もあろうに

店内の全景を、

他のお客様の食事風景を、写真に撮っている・・・・。


お料理が出された

その刹那に 撮影することが

条件反射のように 行われている光景を

実際に目にしたときの

料理を作る側の者としての

何とも言えない

表現のしようのない 違和感。




単なる一例にすぎません。




こういうのが まかり通ることに

疑問を感じるのは

私だけでしょうか?



また そういう事を 容認している

店側にも 問題がないとは

思えないのです。


『客なら 何をしても良い。』

『いつも よく来て下さるお客様だから 
 仕方ない。』

では 済まされることでしょうか?




大手マスコミですら

マスコミの名をひけらかして

営業時間外の ちゃんとした取材もせず、

安易に

営業中の店内の写真を平気で

出版物に掲載していたり

みっともないと 感じないのでしょうか。

店内のお客様全員に

許可をいただいているのでしょうか?



ネット上での 

ブログ等を介しての 情報伝達には

素晴らしいと思える側面も多いことも

理解できますが

その反面 

そういう実際の現場で 

お世辞にも お行儀のよくない事が

有ることも事実ではないでしょうか?


私なりに それら一連の事を

天秤にかけ 判断することにしました。




私の一連の発言が

今の時代に そぐわない事は

重々承知です。

しかしながら

一夢庵は これからも

店内の撮影に関しては 

容認するべきではないとの

立場で まいります。



本日から

今後 

“営業時間内”

写真撮影は かたく

お断り申し上げます。



ご理解いただけることを

願っております。











スポンサーサイト


コメント

まぁ、当たり前の事ですよね。

何事にも当てはまる事やと思いますが
襟を正すという事は今の時代に
必要な事かもしれませんね。
[2011/11/19 19:04] URL | 玄武 #gYC45DA2 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
玄武様 こんばんは。

> まぁ、当たり前の事ですよね。
>
> 何事にも当てはまる事やと思いますが
> 襟を正すという事は今の時代に
> 必要な事かもしれませんね。


おっしゃるように 全ての事に当てはまります。
ちょっとした話し方とか、
人間関係 親子関係 夫婦関係・・・・。

すべて 同じです。

家内と よく話するのですが、
最近は 
自制心 とか 戒め とか そういう言葉を
聞かなくなったし 言わなくなってしまったって。

時代の流れとか 関係なく 
私個人としては 心に留めておくべき事は
きっちりと 心がける事を 忘れないようにしたいものです。
[2011/11/20 02:41] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/785-1e834857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)