二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



おっさんの酒
本格焼酎は

おっさんの酒で いいと思っている。


夏だろろうと 冬だろうと

お湯割りをこよなく愛する おっさんの酒で

いいのではないか?



若者の酒離れ と言われたりもするが、

こと 本格焼酎に 関して言えば

それでもいいじゃないか?


個人的には

清酒の良さは 燗酒!

本格焼酎の良さは 湯割り!

だと おもっている。

ハイボールが にわかに脚光を浴びたからと言って

炭酸割りをすることを否定はしないが、

水割りや お湯割りの良さを知ってからこその

炭酸割りではないだろうか。

それに

本格焼酎を炭酸で割るのなら

25度の商品ではなく 35度や40度の

高濃度の本格焼酎を 割るべきであろうと考えている。


25度の本格焼酎を炭酸で割っても

それなら 甲類焼酎を炭酸で割った

チューハイの類似品みたいな 扱いになりかねない。

(清酒でも 炭酸割り と一部では言いだす始末・・・)


それに 炭酸割りは 

料理を選び過ぎる。

焼き鳥や 串カツなら 合いそうだが、

刺身や 焼き魚には 合うのだろうか?

(最近は コーラを飲みながら 刺身を食べるのが
 普通になりつつあることも あるようだが・・・。)



本格焼酎の 呑み方の入門編として

炭酸割りから 入ってしまうと

お湯割りの良さを理解するのは

かなり 難しいような気がする。


だから

一夢庵は 炭酸割りは 出来ないことも無いが、

ロックではなく

お湯割り 水割りの良さ、

つまりは

『本格焼酎は 割ってこそナンボ!』

『割ったときに 美味しい奴が 本当においしい本格焼酎。』

と 訴え続けている。



本格焼酎 特に芋焼酎は だれやめの酒として

地元では認識されているのだから、

ゆっくりとした気分 ゆったりとした時間の中で

ゆっくりと 杯をかさねることが、

本格焼酎の 本筋だと考えている。



私も 若かりし頃は 

刺激的な味や インパクトの強い

呑み方を 求めていた。

べたべたした甘みの強いチューハイを

たらふく飲んで 満足してた学生時代も

あったが、

この歳になってきて

『やっぱり 本格焼酎は 湯割りが良いな~~。』

と ようやく

しみじみ と 呑めるようなってきた。



安易な消費拡大を 目論んで

若者受けを狙うのでなく

本来の 水割りの良さや お湯割りの優しさ

こそが 本筋であるとの

認識は 忘れてはいけないと思う。




だから 

私は 休みの日に 天然水を汲みに行く。

水の違いは 

水割りやお湯割りの味わいを 

左右する 重要な要素のひとつだ!


ちなみに

一夢庵は 炭酸水をつくる道具があるが、

当然 その水は 汲んできた天然水だ。















スポンサーサイト


コメント

こんばんは。いつもブログ拝見しております。

やはり焼酎のお湯割りはいいですね。昔は夏はロックが定番でしたが、最近では夏でもお湯割りで飲む事が多くなってきました。その方が気分もゆったりとし、まさにダレヤメです、個人的には。
この変化は年を取ったのではなく、進化したのだと捉えております(笑)
[2011/11/30 22:42] URL | 芋人 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
芋人さま こんにちは。私もいつも拝読しております。

> こんばんは。いつもブログ拝見しております。
>
> やはり焼酎のお湯割りはいいですね。昔は夏はロックが定番でしたが、最近では夏でもお湯割りで飲む事が多くなってきました。その方が気分もゆったりとし、まさにダレヤメです、個人的には。
> この変化は年を取ったのではなく、進化したのだと捉えております(笑)

ほんとにね~~、湯割りが 美味くて ほっこりするんですよ。
経験を重ねた酒飲みの たどり着いたところが 湯割りなんですかね。
芋焼酎に限らず 本格焼酎の真髄のひとつには 間違いないでしょうね。
[2011/12/01 15:53] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/790-0e0751a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)