二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



忙しいって漢字は 心を亡くすと書く。
飲食店を している以上

お客様に喜んでほしいと

思う気持ちは

絶対に忘れてはイカン!


お店にわざわざ出向いていただき

帰りの代行運転の代金も含めて

来店いただくことは

本当に ありがたいことだと

絶対忘れてはイカン!



一夢庵は 家内と2人の

ちっぽけな店なので、

体力・気力の限界まで 

頑張っても

大儲けは できません、

よほど無茶苦茶なおカネの使い方を

しない限り

大損も こきません。

あんまり高い目標を設定することは

私は不得意です。

むしろ

自分の足元を見ながら

己の立ち位置を 固めていく仕事が

私らしいと考えています。


派手な店の外観ではなく

店の外観も ぼんやりとした明りを

灯しているだけの 

ほんのり ほっこり した感覚が好きです。


自分のやりたい事が出来て

それで生活できていることが

本当に ありがたいと思っています。



お客様あってのお店だという事は

ご商売をされている方なら

みんな 解っているはずですが、

慣れとは恐ろしいもので

そんな感覚を

忘れてしまっているんじゃないかと

感じるお店も

正直あります。


お客様が来店いただくことよりも

お客様の財布の中身が 気になってるような

店は 最低です。


“お陰さま”と言う気持ちがない店の料理は

一口食べれば

なんとなくわかりませんか?

愛情を感じさせてくれません。

カネの匂いしか感じません。

もはや料理ではなく 餌です。

それはどんな高級食材を使っていても

同じです。



私も そうならないように

肝に銘じて

掃除に始まり 仕込み 

営業中 

気合を入れ直していこうと思います。

おかげさまで 12月は

普段の月よりも

ご予約をいただきます、

忙しいという漢字の意味を

はき違えないように

心 有りきで!!


とはいっても

私の場合 

過去の経験上 あんまり気合を入れ過ぎても

空回りするので、

ほどほどの気合で 行きま~~~す。(笑)






スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/794-84fbdcaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)