FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



一夢庵らしくない
早いもので とは

毎年 この時期必ず口にする言葉。


たまには 遅いものでと 言ってみたい気もするが、

それは それで なんだか問題があるような気もするね~。



一夢庵の今年は どうだったんだろうか?

正直言えば

変わり映えしない。


世の中は 変化とか チェンジとか

変わっていくことの方が 大事だという風潮があり

変わり映えのしないものは 廃れていくと

ある種の強迫観念があるようにしか思えない。


ただ その変化であるとか チェンジをいい訳

経営者の自己都合で 勝手な解釈をしていては

いずれ お客さんに その考えを見透かされてしまう。


いつも思う事は

まず 私が ぶれない事!






それはさておき

一夢庵店主として 

反省しなければならん事を

みなさんに報告させていただこうと思う。





先日あった事だ。


とあるお客様が

一夢庵の唯一の 清酒 大分の小松酒造さんの

豊潤を 呑んだ後に

『他に 酒はないのか?』と聞かれて 

『はい。うちの清酒は 一種類です。
 あとは 全部本格焼酎です。』と

お応えすると、

お客様が 私が いつも料理に使っている

地元 姫路の田中酒造さんのお酒を置いている事に

気づかれた。

『それを くれ。』と・・・・・・。
 

『これは 料理に使っている酒です。

 お品書きには書いておりませんし

 お客様にお出しする事を 想定しておりません。』と

言っても まるで聞かない。

実はそのお酒は 

アル添をしている 普通酒なのだが、

山田錦を使用している 

普通に 冷やで飲んでもお燗につけても

十分に美味い酒なことは私もわかっている。

その方も 職業上 その酒の味は知っておられる。



『こっちを 呑みたいんや・・・。』

『いや~、美味い 不味いじゃないんです・・・・。』


もう これ以上 言っても 聞かない・・・。



私は ブレてしまった。


お客様のリクエストには 応えられたかもしれないが、

店として 折れてはいけない事を 折ってしまった。


大分の小松君にも申し訳ないし、

田中酒造さんにも 申し訳ないような気がしてならない。




お帰りになられた後

自分のしたことに 自分で 落ち込んでしまった。



『売れれば 何してもいいではない!』

『これは 店として してはいけない事だ。』



これ以上

何を言っても 何を書いても いい訳だ。




もう次からは こんな事はしない。













スポンサーサイト





コメント
むずいですね。
しおたに大将、こんばんは。
「らしさ」も難しいですね。
自分自身が考える「らしさ」なのか、お客さんが思い、
望む「らしさ」なのかによっても変わってくるし。
「売れればいいや」決してそんな気持ちで提供した訳では無いと
思うのです。
お客の強い望みがあったからこその行動だったのでは・・・
自分の思うところと、お客さんの望むところが
一致すれば簡単なのですが、無理なのでしょうね。
俺の仕事もそうですが、どんな仕事もこだわりがあるほど、
いろいろ葛藤があるのでしょうね。
「お店としていい事、いけない事。」は大将次第だと
思うのです。
自分もブレる度に考えさせられます・・・
それにしても、本格的に寒くなってきましたので
体調に気を付けて頑張ってください。


[2011/12/20 22:45] URL | 焼酎漬け #nxzuATHA [ 編集 ]

Re: むずいですね。
焼酎漬け様 こんにちは。

> しおたに大将、こんばんは。
> 「らしさ」も難しいですね。
> 自分自身が考える「らしさ」なのか、お客さんが思い、
> 望む「らしさ」なのかによっても変わってくるし。

まず第一に 自分の考える自分「らしさ」をもう一回 考え直しています。

> 「売れればいいや」決してそんな気持ちで提供した訳では無いと
> 思うのです。
> お客の強い望みがあったからこその行動だったのでは・・・
> 自分の思うところと、お客さんの望むところが
> 一致すれば簡単なのですが、無理なのでしょうね。
> 俺の仕事もそうですが、どんな仕事もこだわりがあるほど、
> いろいろ葛藤があるのでしょうね。

お互いの望むところに違いがあるのは当然のことなので、
どこで 折り合いをつけるかってことなんですよね。

> 「お店としていい事、いけない事。」は大将次第だと
> 思うのです。
> 自分もブレる度に考えさせられます・・・
> それにしても、本格的に寒くなってきましたので
> 体調に気を付けて頑張ってください。

お心遣いいただきまして 本当にありがとうございます。
実は 先週末 私が 風邪をひいたら 2日後家内が熱出したりと・・・。
ちょっと散々な一夢庵です。トホホ(笑)
そちらも かなり寒さがきつそうですので 気をつけてください。
[2011/12/21 14:20] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/800-e59a9fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)