FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



食中酒としての本格焼酎 1
昨夜

家内と 初めての店に

お出かけして 食事と酒を楽しみました。


初めてのお店だったのですが、

そこの大将には

私が一夢庵だと ばれていました・・・。


お湯割りをゆっくりと 

冷めていくのも楽しみながらの

ほんとうにゆっくりゆっくりと

杯を 傾けました。


料理も 何品か頂きながら…。



そこの大将と カウンター越しに

話をします。

おたがい 飲食店なので

話は早いです。


やがて 焼酎の話になりました。

実は 

パッと 焼酎のラインナップを見て

すぐわかりましたが、

売れる銘柄と 売れない銘柄の

差が かなりある・・・。


私の思う

飲食店での焼酎の提供の仕方は

家で 呑むのと同じな訳はないし、

水割り でも お湯割りでも

ただ単純に 割るだけではなく、

バーテンダーのつくる カクテルに

匹敵する 技術と知識が 必須です。


それぞれ焼酎の特徴と 味わいを

最大限に引き出すポイントを

見誤らずに 見極める。

(ただし このポイントというのは
あくまで 一夢庵が“ここだ!”と
思うポイントであって 
それぞれに 微妙には違うと思います。)


どの焼酎も 4・6で割って 正解という訳ではありません。

むしろ 割り方を 固定するのは

間違いではないでしょうか?



それに何より

食事と一緒に焼酎を 楽しむのなら、

料理を引き立て さらに杯のすすむような

割り方というのは

絶妙の加減で 割ならいと、

料理も焼酎も 台無しです。



清酒でも 燗をつける温度を間違えば

同じ酒とは思えないほど

味の差が出ます。

それと同じです。




本格焼酎でも 清酒でも

最末端の売り手側である

飲食店の

考え方や 提供の仕方が

お客様の 本格焼酎に対する印象を

左右してしまうのです。


一度でも 『この焼酎 不味いな。』と

感じられると

お客様は よほどの事がない限り

“焼酎は 不味いモノ”って思い続けられます。



しかも それは 蔵元さんには罪はないのです、

あくまで 飲食店の問題です。



わたし自身 いつも

肝に銘じている事です。



ちなみに

一夢庵の水割や お湯割りは

家内の仕事です。

以前も書きましたが

家内の 腕前は かなりのもんですよ。


正直
 
家内のお湯割りより 美味しいお湯割りに

お目にかかる事は ほぼ無いですよ。


最後は 自画自賛になってしまいましたな。トホホ(笑)









スポンサーサイト





コメント
今晩は
奥さまの造られるお湯割りは旨そうですね。
呑んでみたいなー・・・
割り方や温度は確かに重要ですよね。
お湯割りなんか知らない店で頼むと湯気がもうもうと立ち
熱くてグラスをつまむように持ったりして・・・
それは薄い味だったり、もう頼む気がしなくなります。
だから、外飲みはボトルを入れて氷やお湯を出してもらうことが
多くなってしまいますね。
[2012/01/10 23:04] URL | 焼酎漬け #nxzuATHA [ 編集 ]

Re: 今晩は
焼酎漬け様 こんにちは。

> 奥さまの造られるお湯割りは旨そうですね。
> 呑んでみたいなー・・・
> 割り方や温度は確かに重要ですよね。
> お湯割りなんか知らない店で頼むと湯気がもうもうと立ち
> 熱くてグラスをつまむように持ったりして・・・
> それは薄い味だったり、もう頼む気がしなくなります。

実は 全く同じような話を 蔵元さんから聞いたことがあります。
自分の蔵の焼酎をお湯割りで頼むと・・
熱くてグラスすら持てない!!
そんなん アカンでしょ!!もはや 不味く焼酎を飲んでもらう為と
しか 思えなくなってきます。


> だから、外飲みはボトルを入れて氷やお湯を出してもらうことが
> 多くなってしまいますね。

こんな状況だから いつまでたっても
焼酎は 所詮 焼酎って 扱いになるんです!!
怒っても仕方ないんですけど、そんな不味い飲みモノを
お金もらって お客様に提供してはいけないでしょ!!

これからも 一夢庵は 地道な 焼酎布教活動に励みます。
[2012/01/11 14:34] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/811-013b524d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)