FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



食中酒としての本格焼酎 2
焼酎ブームの真っ盛りの頃

焼酎バーというの形態の飲食店が

たくさん 出来ました。


本格焼酎の 消費の間口が広がるという点では

よかったと思いますが、

いかんせん

流行り物感覚という域をでずに、

プレミア感を 煽り、

異常な値段のショット売りが

ある意味 当たり前でした。

しかも バーを名乗るのなら

35度や40度の原酒を 扱うのならいざ知らず、

有名銘柄だけしか 扱っていない店が

多かったように思います。


今では そういうお店さんも

すっかり目にすることがなくなりました。


まあ そういう商売のやり方も

一つのやり方ですので、

否定はしませんが、

ただ単純に 

焼酎が流行っているからって言う理由で

商品を扱うやり方とは

私や 一夢庵は 違います。




私と家内で 美味しいと思う銘柄を

正しい流通のルートから

正規の価格で 仕入れること。


適正な価格で 焼酎を提供すること。


その焼酎が

どんな場所で どんな人が造っているかを

この眼で見行くこと。

(まだ 奄美までは行けていないのですけどね・・
2.3年をめどに 必ず行きます。)


こうやって

少しづつ お客様の信頼を得ていかないと

お品書きに どれだけ沢山の種類を 書いていたとしても

名前の通った銘柄しか 売れません。

一夢庵の 焼酎のお品書きは

家内の力作で ちょっとした読み物としても

目を通す価値のある お品書きです。

焼酎をお飲みにならない方でも

十分楽しめる内容になってます。





一夢庵は バーではありません、

(とは言いながら 30度 35度 40度の原酒も
多く揃えさせていただいております、無名銘柄かもしれませんが、
味わいは 保障しますよ!!!)

バーのように使っていただいても 結構ですが、

基本は 焼酎に特化した居酒屋です。


食べ物と一緒に 焼酎を飲むのなら、

水割り お湯割りが ばっちり会いますよ。

まあ ロック好きの人に 

無理やりのまそうとはしませんけどね。(笑)


 



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/812-414d09ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)