二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



食中酒としての本格焼酎 5
食中酒としての焼酎と言えば

どうしても 焼酎の事ばかり

目が いってしまいがちですが、

実は 

その食事こそ 私の仕事であります。


奈何せん どうあがいても

私は 本格焼酎造りを できません、

ならば

その焼酎に匹敵する もしくは 

上回るクオリティーの料理を

造ることしかできません。



今の世の中は

アルコール飲料然り

食事然り

なんだか 安い 安価なものこそが

第一みたいな 流れが 目立っています。



私が一夢庵で作っている料理は

そういうものとは 真反対です。

けっして べらぼうに高価な料理を作っている訳では無いですよ。

一般的に言うと

価格戦略よりも 質重視戦略に

重きを置いているという事にすぎません。


素材一つ 調味料一つ

自分が 納得する材料で

料理しています。

ハッキリ言えば 年々 原価率の上昇は

もはや限界の局面を迎えつつあります。

まあ これは お客様には 関係ない事で、

経営者としての

私の問題なんですけどね・・。(笑)



鶏肉 ひとつとっても

今使っている兵庫県産を

使わずに

ブラジル等の冷凍輸入肉を使えば

収益状況は とりあえず改善の方向へと

動くでしょう。

調味料もそうです

味醂も 安い大メーカーさんのモノを使えば

仕入れ価格は 三分の一から 四分の一まで

下がります。



でも それと引き換えに 

失うものは でかすぎます。

一夢庵の いままで 

ボチボチ続けてこられた実績すら

自ら破壊してしまう事になるでしょう。

なぜなら 

大手チェーン店さんと 

同じ土俵で 戦う事になり、

そうなると ちっぽけな一夢庵は

一瞬のうちに 踏み潰され

跡形もなく 散ってしまうでしょう。

資本力の差は 歴然です。





安い原材料には

安いだけの理由があるのです。

見た目が一緒で

おなじ名前の料理でも

全く比較にならないクオリティーの料理しか

出来ないでしょう。

品質と 味は 確実に比例しています。


売値を下げる事が

顧客重視だということも言えるでしょうが、

価格を下げるという事は

その料理の味と質を 落とすという事と

イコールです。

特に 食べ物や 飲み物において

味・質を落とすという事は

お客様を“安く”見積もる もしくは

お客様の 健康を ないがしろにする



同義では ないかと思うのです。






一夢庵で扱っている焼酎の

それぞれの蔵元さんの 本心まで

私は知りうることはできません、

ただ 

一夢庵のお品書きに並んでいる蔵元さんは

製造量の極めて小さい蔵元さんが

ほとんどです、

そんな小さい蔵元さんが 

魂のこもっていない焼酎を

造っているはずがないと

私は 信じております。



だからこそ

私の料理を信用していただいているお客様の

信頼には 

今までと同じように これからも

応え続けないと

私が 一夢庵の看板をあげている理由がないのです。


商売を続けていくうえで

売り上げや 利益は 

当然 至上命題でもあります。

ただ 

利益に偏り過ぎても

私の思いや考えに偏り過ぎても

一夢庵 全体を見渡した時に

調和のとれたものでなければなりません。






それと同じように

食事と 本格焼酎も 

バランスと調和のとれた

一つの形を

いつの日にか 完成できるように

毎日の 小さな仕事も

コツコツ ボチボチ ですけど

続けていこうと

思っております。





スポンサーサイト


コメント

頑張れ!!
塩ちゃん
[2012/01/17 17:29] URL | よいこ #- [ 編集 ]


いつもご訪問頂き、有難うございます。


ホントに、いつもすごいコダワリ!!脱帽です。


私も、焼酎は大好きです。。。

しかし、いつもマックスバリューの安い物を呑んでいます。

いいちこ。かのか。芋盛り。麦盛り。。。。。

一度、いい焼酎と料理が食べたいですが!?

小学校1年。年長。生後11ケ月。

私と、嫁。。。

そんな家族でも、大丈夫ですか?


子供連れでも構いませんでしょうか!?


[2012/01/17 21:55] URL | Toshi300301 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
よいこ様 こんばんは。

> 頑張れ!!
> 塩ちゃん


わしも頑張るから
お前も頑張れよ!!
[2012/01/17 23:02] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
Toshi300301様 こんばんは。

> いつもご訪問頂き、有難うございます。

こちらこそ いつも拝読させていただいております。>
>
> ホントに、いつもすごいコダワリ!!脱帽です。
>
>
> 私も、焼酎は大好きです。。。
>
> しかし、いつもマックスバリューの安い物を呑んでいます。
>
> いいちこ。かのか。芋盛り。麦盛り。。。。。
>
> 一度、いい焼酎と料理が食べたいですが!?
>
> 小学校1年。年長。生後11ケ月。
>
> 私と、嫁。。。
>
> そんな家族でも、大丈夫ですか?
>
>
> 子供連れでも構いませんでしょうか!?


う~~ん、店としては 問題はありませんが、
カウンター席では 流石にお子様には しんどいと思います。
ご予約をいただいて お座敷を用意したほうが ベターかと思います。

私の作る料理は どちらかと言うと “焼酎のあて”です。
常連様のお子様の中には 全く違和感なく 
一夢庵の料理を食べていただいておりますが、
初めてのご来店の場合 お子様用の料理に わたし自身不安を感じます。

ご来店を いただくのは 大変ありがたいことなのですが、
もしよろしければ ご家族でのご来店の前に 
一度 お友達か お一人でもかまいませんので、
ご来店していただき 一夢庵のライブ感を
判断していただいたうえで
ご家族様で ご来店されたほうが
より 一夢庵を 理解して くつろいで ゆっくりとした時間を
過ごしていただけるかと思っております。

ややこしい事を言っているのは 重々承知で 申し訳ありませんが、
一夢庵は チェーン店や 大型店舗の居酒屋とは 
違い 本当にちっぽけな居酒屋ですので、
どうかご理解いただけますよう お願い申しあげます。
[2012/01/17 23:20] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


ご返信、有難うございます!!

そうですね!?

それでは先ず、友人か一人で訪問させて頂きます。

また、前持ってご連絡させて頂きます。

宜しくお願い致しますネ。。。。。


[2012/01/17 23:57] URL | Toshi300301 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
toshi300301様 こんにちは。

> ご返信、有難うございます!!
>
> そうですね!?
>
> それでは先ず、友人か一人で訪問させて頂きます。
>
> また、前持ってご連絡させて頂きます。
>
> 宜しくお願い致しますネ。。。。。


無理を言っても かさねがさね 申し訳ないです。
ご理解いただきまして 本当にありがとうございます。

家内ともども お待ちしております。

ありがとうございます。
[2012/01/18 14:32] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/816-541aff10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)