FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



写真を撮られるお客さまへ
今日の営業も

おかげさまで 無事に 終了しました。

あとは 少し 洗いモノが残っているくらいです。





お品書きの横に

『店内 写真お断り』と書いていても

何の効果も ないことがわかりました。



ただ 

酒好きおやじの一夢庵の“ライブ感覚”は

いくら写真を撮っていただいても

画像では伝わりません。



お行儀の悪い人は

何を言っても 聞く耳を持っていません。

むしろ 注意すればするほど 

余計な反感を買うだけですね。


どんな料理を食べても 

おいしいとか 美味しくないと判断するよりも

兎に角 写真を撮らないと気が済まないようです。


『ブログに 書いたら 宣伝になるじゃないか。』

と おっしゃる方もいますが、

お客様に そこまでしていただく事を 望んでいません。

こうやって 自分の本名で ブログを書いて

自分の言葉で 一夢庵を 発信しているつもりです。



飲食店のほとんどは

ブログに書いていただくことを 歓迎している場合が

ほとんどのようですし、

中には 飲食店側から

俗に言う グルメブロガーと呼ばれる方を

ご招待して 宣伝効果を狙っている

と言うような噂も 耳に入ってきます。

それを 非難するつもりなんて

全くこれっぽっちもありません。

それこそ 自由にすればいいと思います。

ただ 正反対の考え方を 

私が持っているだけの話です。




例えばの話ですが

みなさんの仕事場で 

何の断りも無く 誰かが 携帯で

雑な写真を撮り始めたら

どう思われますか?

気分はいいですか?気分は悪いですか?

それとも 何とも思いませんか?

それを ネット上に 公開されたら

どう思いますか?

どんなにいい事を書かれていたとしても

私は いい気分にはなれません。





今日 お品書きの写真を 

撮っておられる方がいらっしゃいましたが

一言 私から言わせていただきます。

『お品書きで 料理名と価格を 写真にとっても
 どんな量で どんなクオリティーの料理なのかは
 伝わりませんよ。』


料理の写真も 同じです。

画像から その料理の味は 伝わりません。




そう思えば 今日

別のお客様が

こんな事をおっしゃっていました。

『客には 客で 客道と言うのがある!
 お客だから、カネを払うんだから といっても
 していい事と してはいけない事がある。』


そうお考えの方は

どんな お店に行っても 

おそらく 楽しくて 美味しい時間を

過ごせるんじゃないでしょうか、

実際に その方は 

カウンターの隣のお客様と

すごく お互いが 楽しい会話をして

すごく いい時間を 過ごされたと感じました。




これこそが 私のいつも言っている

“ライブ感”です。




一夢庵は 

こういう

ライブ感を味わって いただくことを

最優先に尊重して

重要視しています。









 
スポンサーサイト




テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ


コメント
こんばんは
お疲れ様です。
ライブはその場のコミュニケーションですよね。
勝手に写真撮られて紹介されても嬉しくない。
旨い酒、料理だけでなく、店内のコミニュケーションが
大切なライブだと思います。
しかし、そういう処は少ないかも。
[2012/01/29 22:51] URL | 焼酎漬け #nxzuATHA [ 編集 ]

お疲れさまです
こんばんは
今年は例年にない寒い日が続いているように感じますがお元気ですか?
いつも楽しく拝読させていただいております。
目立つ場所に『店内写真お断り』と張り紙をしても
行儀悪い輩は悪い行いを繰り返す
私の意見、考え、私見ですが
お店が決めている撮影禁止というルールは守りたい。
だけれど写真は撮影したい
私の場合、撮りたいときには
「撮っても良いですか」と、伺いを立てて撮っています。
店側は「飲食物と飲食の場を提供し、その対価を受ける」
それ以外の写真撮影などはオプションサービスとも感じます。
杓子定規な営業もできないのは分かります
美味い酒を飲んでいるとき、シャッター音にドキッともします
禁止と言われたらしないことが正しいことだと思いますよ。
マナーの問題でしょぅか、自分を反省し欠点を改めていきます。
[2012/01/29 23:43] URL | トルスタヤ #WlR9vYhc [ 編集 ]

Re: こんばんは
焼酎漬け様 いつもコメントありがとうございます。

> お疲れ様です。
> ライブはその場のコミュニケーションですよね。
> 勝手に写真撮られて紹介されても嬉しくない。
> 旨い酒、料理だけでなく、店内のコミニュケーションが
> 大切なライブだと思います。

私の伝えたい事は まさに おっしゃる通りです。
コミニュケーションが ごっついおもしろいのです!!
美味しい酒と料理には それ以前・それ以上に
美味しい時間がないと 味わえませんからね。

> しかし、そういう処は少ないかも。

たしかに 少ないと思います。
家内と2人でしている ちっぽけな店だからこそ
こういう 店とカウンターの一体感が 可能だと思っていますし、
小さい店だからこそ 大手の店にはできない事を していかないと
わたし自身が 楽しくないですもん。

そんな感じです。

いつも 本当にありがとうございます。
[2012/01/30 12:40] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]

Re: お疲れさまです
トルスタヤ様 こんにちは。
> こんばんは
> 今年は例年にない寒い日が続いているように感じますがお元気ですか?
> いつも楽しく拝読させていただいております。

確かに 寒いですね。私もいつも楽しく拝読させていただいております。


> 目立つ場所に『店内写真お断り』と張り紙をしても
> 行儀悪い輩は悪い行いを繰り返す
> 私の意見、考え、私見ですが
> お店が決めている撮影禁止というルールは守りたい。
> だけれど写真は撮影したい
> 私の場合、撮りたいときには
> 「撮っても良いですか」と、伺いを立てて撮っています。

実の事を言うと ひとこと そうやって声をかけていただければ
いいだけの話なんです。わたしも かたくなに拒否している訳でもないのです、
ただ以前に あまりに行儀の悪過ぎる方が いらっしゃったので、
ちょっとした抑止のつもりで 書いているだけです。
(店の場所とか 名前は 伏せてねって お願いはしますけどね。)

一部のグルメブロガーは“取材”とか言ってますが
本当の意味で取材するのなら アポをとってもらえれば
営業時間外に いくらでも話さしあげるのに・・・。

食べに来て 写真を撮るだけ撮って 何の質問も無く
取材って ふざけ過ぎてませんか。


> 店側は「飲食物と飲食の場を提供し、その対価を受ける」
> それ以外の写真撮影などはオプションサービスとも感じます。
> 杓子定規な営業もできないのは分かります
> 美味い酒を飲んでいるとき、シャッター音にドキッともします
> 禁止と言われたらしないことが正しいことだと思いますよ。
> マナーの問題でしょぅか、自分を反省し欠点を改めていきます。

最近は 食事中の携帯の通話は勿論 撮影も 
いつの間にか 当たり前のことになってしまい
中には 人さまが食べている姿まで 撮影するような輩がいる始末です。
ご家族で こられても 会話もせずに 携帯のゲームか何かを
ずっとしているような姿が 当たり前になり 
その事を 親も ほったらかしです・・・・・。

私は そんな光景を見るだけで うすら寒々しい気持ちになります。

いうなれば そんな人にとって 食事は 料理ではなく
“餌”ではないかとすら思うのです。


私が ここまで 何度も食事中の撮影について
言及するのは そういう意味で
もう一度 道徳的な意味で いろんな事を
個人個人で 考え直してもいいんじゃないかとの
提起でもあります。

トルスタヤ様のお写真は 料理に対する愛情が
伝わってきますよ。
[2012/01/30 13:00] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/826-123120e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)