二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



萬膳 久保 仲村
どえらい冷え込んできました、
 
イヴの夜です。
 
 
先日 
 
立て続けに 仕入れた焼酎と 
 
家呑み用の ワイン。
 
 
 
まずは
萬膳さんの あきたこまち萬膳
 

 
麹用の米が
 
秋田県産 あきたこまち 
 
今 まさに 味を利いてみました。
 
やっぱり 萬膳さんの焼酎は 割って飲んだ方が 
 
個人的には好きです。
 
ストレートでは 味が 
濃いですな~~~。
 
 
そして 2つ目は
 
久保酒造場 久保さんの 青一髪 44度 2005です。
 
2年前 久保酒造城さんを 訪ねた時
 
タンクで 眠っていた 原酒です。
 

 
久保さんご自身で サンドブラスターで
 
1本づつ 文字を刻んだ青い瓶!!
 
透明のパッケージに 麦が 1穂 入っています。
 
44度の力強さと
 
もともと青一髪が 持っている やさしい麦の風味のバランスが
 
いいですね。
 
アルコールのピリピリ感は、
 
以前 久保さんが おっしゃていたほど 感じません。
 
ロックで ゆっくり飲むのが いいのか
 
それとも 贅沢なお湯割りが いいのか
 
好みの別れるところですね。
 
 
 
 
そして最後は
 
家呑み用の ワインです。
 
大阪の羽曳野市の 仲村わいん工房さんの
 
手造りわいん さちこ です。
 
実は 一緒に 
 
もう1本 頑固おやじの手造りわいん という赤も 購入したのですが、
 
知り合いのワイン屋さんと 一緒に  速攻で呑んでしまいました。
 
 

 
焼酎大好きを自認している私ですが、
 
焼酎だけでなく ワインも 清酒も プライベートでは よく呑みます。
 
ワインを 呑みながら 焼酎の事を考えたり
 
清酒を飲みながら 焼酎に思いをはせたり、
 
そうやって 自分の感じる 焼酎を 
 
一夢庵に活かします。
 
 
ワインの 知識は 
そんなにありませんが、
 
私は ワインに関しては
 
知識よりも 感じるままに味わおうと 
思います。
 
 
なぜか このワインのように
 
国産のワインは なぜか 和のテイストと言えばいいのか
 
和の味と言っていいのか
 
とにかく 日本を感じます。
 
 
それが なぜか 私には 心地よいのです。
 
 
焼酎は もちろん 清酒も
 
日本の酒!
 
この ワインも 日本の酒!
 
 
 
 
日本の酒造りは 世界一やね!(日本人にとって。)
 
そんな日本の酒を
 
美味しく飲めるのは
 
幸せです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/83-2aa2894a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)