FC2ブログ
二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってるアラフィフのおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



嵐の夜に
しかし 

昨日の風は 凄かった。


今日は 穏やかな日差しで、

清々しいです。



昨夜は

いつも以上に

じっくりと 本を書き写しておりました、

その本に

こういう内容の文章がありました。

“志は 充実した虚無的自覚が あってこそ、本物だと言える。”

というような 記述です。



充実した虚無的自覚!

思わず ペンが とまってしまいました・・・。


虚無的って言うのは

世の中や 人生などが むなしく思われるさま という事です。



私は常々

一夢庵は ちっぽけだと

口にしますし、

そんな一夢庵を やっているわたし自身 

ちっぽけだと 思っています。

これは 何も 悲観して 自分自信を儚んで

表現している訳ではありません。

(儚いって漢字が にんべんに夢ですよ・・・。
 なんだか 苦笑いが出てしまいます。)



社会全体を見渡した時や

昨日の様な 強い風の中で

ごく当たり前に

自分自身は ちっぽけだと

思うのです。

世の中の流れや 自然に 

逆らい立ち向かったところで

よほどの大人物を 除いて

傷一つつけることなんてできません。

こっぱみじんに打ち砕かれてしまうでしょうね。



ところが

自分自身は ちっぽけで 虚しい存在だと

積極的に受け入れ 認めたうえで

“それでも 俺はこうやって生きよう”と

思うと

これが 案外 心が

今日の姫路の天気みたいに

清々しく感じるんですよ。



その本には 虚無的自覚があってこそ 

本物だと言えると書いていますが、

私の考えが 本物かどうかは

まだ 答えが出る段階ではありません・・・。



ただ ただ 今は

自分自身の 考えに素直に、

そして

自分自身を 素直に表現して

ちょっとは

世の中の為に なれば 

それでいいかな なんて思います。





さて 仕込みに 戻ります。







 

スポンサーサイト




テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


コメント
感動。
しおたにさま。

こんばんは。

今日会社に手紙が届きました。感動しました。

誠実な方だとあらためて感じました。

私のデスクに手紙を置いてたらみんなが誰からですか?凄いきれいな字だと・・。

本当にありがとうございました。私にない物をたくさん持っておられます。

いろんな事を気付かせてくれることに感謝です。

ブログを読ませていただいてて本当にそう思う事ばかりです。

今後ともよろしくお願い致します。

本当にご縁に感謝です。
[2012/04/04 20:11] URL | Kenji Mineishi #- [ 編集 ]

Re: 感動。
Kenji Mineishi 様 こんにちは。

誠実なふりをしているだけですよ。(笑)
本当の 私は ドロドロした得体のしれないモノが・・・!!

人はそれぞれみんな ないものを補い合って
社会が 形成されるのだと 思ってます。
無いモノの事を 考えるよりも 有るモノを 活かすことが
おもしろいじゃあないですか。

こちらこそ よろしくお願いします。

[2012/04/05 16:21] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/868-1dc870a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)