二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



世情
私は 今年で 44になります。

店をはじめて 10年。


おかげさまで なんとか 

自分の足で立って 少しづつではありますが、

歩みを止めることなく 進んでいるように

思っています。



こうやって 商売をしていると

いろんな人との お付き合いが できます。

世の中にはいろんな人がいます。

私は 全ての事において

多様性は 必要だと思っていますが、

人間関係においては 最低限の常識がないと

多様性という言葉では 

許されるものではなくなります。

個性という言葉でも

最低限の常識の上に 成り立つものです。



最近思うのは 世知辛い世の中のせいなのか

どうかわかりませんが、

常識の範囲を超えて

自分の都合のいいように いいように

考え、行動する人が

目立つのです。


特に 商売上では

常識のない 自分勝手な人には

本当に関わりたくはありません。


本質的な原因は 自分の過去の判断の誤りが

起因しているはずなのに

どこかで 世の中のせいにしたり

人のせいにしたりして

過去の自分の行動や発言に対しての責任を

放棄しているというか

都合のいいように 解釈するというか・・・。


 

聞いてくださいよみたいな顔をして

やって来るので、

しかたなく 何事かの要件があるのか

と 尋ねると 

まあ 自分の都合のいい話を

しゃあしゃあと し始めるのです。



相手の気持ちなんて お構いなし、

わたしが そのことに関して 以前 

何を言ったかなんて 都合のいい様に忘れています。

頭一つ下げることなく

自分の言いたいことだけを 伝えてきます。



こういう場合 

その方に ちょっと常識的におかしいのでは

と 進言したところで

その人には 伝わりません。

だから 私は 無駄な労力を使いたくないので、

敢えて ふんふんと 話を聞きます。



それで 先方さんが 

気持ちよくなってくれれば

それで いいとさえ思っています。

その代わり よほどの事がない限り

2度と その方とは 商売上のお付き合いは 

勿論のこと 人としての関係も

これっきりです。




過去にお世話になった方でも

風のうわさに

いろんな事が 耳に入ってきますが、

もう私とは 関係のないことなので、

ややこしい話は 

聞かないようにします。



商売上の関係は

友人同士の関係とは異なり

金銭を伴う関係です。

人間としての道徳観念以上に

商売人としての 商道徳・商習慣も お互いに

問われ続けます。



仕入れ先との関係だけでなく

私は

お客様との関係も

ある意味 商売上の関係なので

そのあたりが うやむやにならない様に

気をつけていきたいと

肝に銘じて

歩いていきます。




人のふり見て 我がふり 直せ!ですね。














スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/883-7f892da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)