二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



公序良俗
大阪での話だが

教職員に対する刺青の調査が

『危うい』『行き過ぎだ』

『場合によっては人権を傷つける』だとの論調が

教育委員会の内部から

出ているらしい。


どこかの市長は

『入れ墨は趣味の問題で 
 自治体が制度として規制するのは やり過ぎだ。』



のたまわっているようだ。


(良く考えてみると

 一連のこの方々の発言の裏には

 入れ墨は 後ろめたいことであるとの認識が

 有るけれども こういう調査をしてしまうと

 今後 また様々な調査が入ってきそうなので

 なんだかんだと理由をつけて 反対しているように思えて仕方ない。)




公務員でなくても

民間企業に勤めていても

公序良俗の意識のない奴には

それなりのやり方で ある一定の歯止め的な

規制は 必要ではないのか?

趣味の問題? 行き過ぎ?

だったら

刺青している奴が スーパー銭湯で

入浴を断られるのは

人権侵害だと 訴えてみろよ。

海水浴場でも 同じだ。

プールでも同じ。


権利を 守り 保護することは

大事だと 私も認めます。

しかし その一方で 義務を果たすことは当然の事です。

また組織として

常識的な判断のもと 

組織内部を“自ら襟を正していく姿勢”が

見えなければ 権利をはき違えていると

理解されても 仕方ないのではないでしょうか?






刺青を入れることは それぞれの選択だから

入れる入れないは 問題にする気はないが、

入れると決めたのなら

それなりの批判を受けることも承知する

それなりの覚悟がある訳だろ、

だったら

逆に 堂々と 

『俺は刺青してますよ。』と

手を上げるぐらいで

ちょうどいいのではないかね。

そんな根性もなしに

ファッションで 墨入れたのかね?

医学的なリスクも考えずに 安易に入れたのかね?





今は 遠山の金さんの時代じゃないからね。

まあ 金さんは テレビの中の話だけどね。




私 個人的には 

人を判断する時には

その容姿や ファッションで

判断はしない

鼻ピアスをしてても 

墨が入っていても

その人が どう考え どう行動し

どう発言するかで

こそ 判断するけども

この場合

趣味の問題で 片付く話だろうかね。

 

ひとそれぞれに 立場や 職業で 

最低限の公序良俗や 常識が存在すると確信しているが、

公務員しかも 教職におられるような方が

刺青を入れていることを 

人権を傷つけるなどの理由で

(自分の体を傷つけまくって)

調べることすらしない現実には

全く理解を示すことができません。



私は 刺青みたいな和柄刺繍の入ったシャツや デニムを

好んで身につけますが

わたし自身の 身体には ほくろ以外の模様は

何一つありません。

心には

過去の女性関係を含めた いろいろな経験で

傷が たくさんあります。

でも その傷は すべて今の私が

私である為に 必要不可欠な傷だと 思い込んでいます。(笑) 






スポンサーサイト


コメント
うーん。
考えせられる問題です。公序良俗って一体なんなのですか?
誰が決める問題なのでしょうか?
しかし、公共の場において、認められるものと認められないものの定義はなんなのでしょうか?
私も、いつも考えています。
何が、正しくて正しくないのか?
これは、深く考えていくと社会学になってしまいます。
別に、刺青肯定派では、ないですけど。
でも、誰が決めたのでしょうか?
男は女性を好きにならないといけないのですか?
男が男を好きになってはいけないのでしょうか?
そうすれば、それは、公序良俗に反するのでしょうか?
すいません、今、仕事で性同一障害のことを扱っておりまして、ついつい、意味不明なコメントをしてしまいました。
[2012/05/08 21:05] URL | ひびき #0tR8pBJg [ 編集 ]


御無沙汰しております。

刺青。

そうですね! 公務員や教論が刺青。まさか!?

って感覚ですネ!?


ホント、それなりの覚悟で入れたはず!

私の親友で幼馴染、身内にも刺青を入れている者がおります。

何でしたら、会社社長ですし、会社の偉いさんも。。。。。。

みんなでゴリフに行ったら風呂は入りません。


立派に大きな会社の経営者です!

ヤクザでも何でも無い普通の一般人。

私は刺青は入れていません。

立場、立場でいろいろと有りますが、

私もみつはるさんと同じく、

心の傷だけで十分です!



[2012/05/08 22:41] URL | Toshi300301 #- [ 編集 ]

Re: うーん。
ひびき様 こんばんは。

> 考えせられる問題です。公序良俗って一体なんなのですか?
> 誰が決める問題なのでしょうか?
> しかし、公共の場において、認められるものと認められないものの定義はなんなのでしょうか?
> 私も、いつも考えています。
> 何が、正しくて正しくないのか?

私の考える公序良俗は その時代時代での公の場での一般常識と考えています。
正しいとか 正しくない 認める 認めないということではなく
公の場での無秩序状態に対する 歯止めになる考え方を
表した言葉だと思っています。

> これは、深く考えていくと社会学になってしまいます。
> 別に、刺青肯定派では、ないですけど。
> でも、誰が決めたのでしょうか?

誰か個人が決められる範疇のモノではないのが
公序良俗です。
大多数の人が 公の場では不快感を覚えることであれば
それは 公序良俗に反することだと思うのです。


> 男は女性を好きにならないといけないのですか?
> 男が男を好きになってはいけないのでしょうか?
> そうすれば、それは、公序良俗に反するのでしょうか?

男が男を好きになっても 私は 構わない事ですが
私は 男の人を愛することはできません。
同性愛者を否定はしませんが
今の世の中の当たり前の事ではないはずです。
どう見ても 圧倒的少数派ということは
認識すべきことではないでしょうか?

公序良俗に反するというのは
あくまで 公の場での話で
男女の愛情も みんなの見ている前で
表現するのは 公序良俗に反することではないでしょうか?

2人っきりの部屋では何の問題も無いですが
店のカウンターで キスするのは 
公序良俗に反してます!

男性同士の同性愛も 2人っきりで 同意の上なら
なんにも 公序良俗に反することではないと思います。

> すいません、今、仕事で性同一障害のことを扱っておりまして、ついつい、意味不明なコメントをしてしまいました。

性同一障害は この手の公序良俗という範囲の話では ないです。
はるな愛さんは みんな知っているでしょうけど
彼女の存在は なんら 公序良俗に反する存在ではなく
性同一障害という 医学的な疾患を 患ってしまったにすぎません。
ただ その障害を持つ人が 少数であるということで
いわれのない偏見を 被ってしまうことが 
問題の本質では ないでしょうか。

公の場での一般的な常識ということが
公序良俗と考えるのなら
少数派だ、多数派だということは
公序良俗とは 別次元の事だと私は 考えます。

コメントありがとうございます。

[2012/05/09 02:05] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
Toshi300301様 こちらこそ 全くコメントもせずご無沙汰しまくっております。(笑)
こんばんは。

> 御無沙汰しております。
>
> 刺青。
>
> そうですね! 公務員や教論が刺青。まさか!?
>
> って感覚ですネ!?

その感覚が 私は当たり前だと思っているのですが、
当たり前の事ではないのでしょうかね?

>
> ホント、それなりの覚悟で入れたはず!
>
> 私の親友で幼馴染、身内にも刺青を入れている者がおります。
>
> 何でしたら、会社社長ですし、会社の偉いさんも。。。。。。
>
> みんなでゴリフに行ったら風呂は入りません。
>
>
> 立派に大きな会社の経営者です!
>
> ヤクザでも何でも無い普通の一般人。
>
> 私は刺青は入れていません。
>
> 立場、立場でいろいろと有りますが、
>
> 私もみつはるさんと同じく、
>
> 心の傷だけで十分です!


刺青に関しては 
相当な覚悟があっての事じゃないと 入れられないはずだと
私も思うのです。
当然 入れてしまえば なかなか元に戻せることも無いのも
解った上での覚悟でしょうからね。

若気の至りでは 済ませられない事に対する 覚悟と責任!!

その覚悟を持っている人なら
刺青を入れているのかと聞かれる前に
自ら手を上げて 名乗るぐらいの 根性のある人物でいてほしいです。


コメントありがとうございます。

[2012/05/09 02:15] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/886-c7e9c864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)