二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ド変態の 間口の狭いお店 一夢庵
今日の営業中

とあるお客様が

このような事を言われました。


『素性のわかる素材で

 素性のわかる ド変態が 作った

 素性のわかる料理は 体に優しい。』




その方は 私個人と 一夢庵へ

ものすごく理解を 示してくださり、

TPOに 合わせて

いろんな飲食店を 愉しんでおられます。




私も 特別に 贔屓することなく

いつもの一夢庵の料理と焼酎を お出ししております。

特別扱いをする事は まずありません。

ただ そのお客様の嗜好は 理解していますので、

『ど変態が 仕入れてきた
 ちょっと ええ感じのアテがありますんで、
 ちょこっと 食べてみます?』

と言って

オーダーをいただかず こちらから

料理をお出しすることは 有ります、

 

間違いのない料理を 間違いのないタイミングで

間違いのない分量を 間違いない価格で

提供して

お客様に 間違いなく 美味しいと思っていただける

自信があるからこそできることで、

ある意味  

互いの信頼関係の上に成り立つ接客だと

私は 自負しています。

こういう接客は 

チェーン店のアルバイトのお姉ちゃんには

まず 不可能な接客です。


ただ こういう接客を

好まないお客様もいらっしゃることは確かです、

だから

何度かご来店いただいているお客様の中で

『そう言う接客は嫌いなんだな。』

と 一回でも 私が 肌で感じたお客様には

そのような接客は 絶対しません。

むしろ 放置プレーの様な接客で

最低限の会話しか しません。(笑)

でも

そのお客様は 焼酎を一升瓶でキープして

何度も ご来店いただいております。

ある意味 前述のお客様とは

違った形の信頼関係は 築けていると

感じています。




当然のことですが

ご来店いただけるすべてのお客様と

信頼関係が築ける訳でもありません。





私は 

お客様に 

一夢庵の 本筋から外れるご要望に対しては

きっぱりと 無理だと

断ります。

過去に実際に 言われた事ですが

『お昼に 何人か 仕事のお客さんと 来たいんだけど
 お昼に 店開けて。』

とか

『法事の仕出しの料理を 20人前ほど 用意してくれんか?』

とか

今の 一夢庵には 

『できません。無理です。』と

丁重にお断りしました。

そのお客様方は 

それ以来お顔を 見ることはありません。



私は 何一つ後悔なんてありませんよ。

もし 無理をして 

そのご要望に お応えしたとしても

間違いなく お互いの満足度の低い

ダダすべりの

結論を見ることになるはずだと

思うからです。

仮に 売上欲しさに

無理なご要望を 一度受け入れてしまうと

次も その次も 受けなければなりません、

その上

間違いなく 夜の通常営業に

支障が出ます。

つまりは

無理したしわ寄せが 

悪循環に陥る危険性があるからです。





お客様をお迎えするはず店側の人間が

偉そうなことを言いやがってと

思われるかもしれませんが、


私ども 一夢庵は

いままで

こういうスタンスを 頑ななまでに

維持することで

ご愛顧をいただいているお客様のご理解に

支えられて

なんとか かんとか 

今日にいたった 実にちっぽけな店です。

端的に言えば

間口の広い店ではなく 

間口の狭い マニアックな店の

スタイルで 

やってきた店です。


もう 極端な軌道修正の

出来ない地点まで来ていると

感じていますので、

本筋と本業以外の事には

手を出さず、

自分の守備範囲と 

一夢庵としての純度を高めていくことで

これからも

ちっぽけな店ですが

社会の一員として 存在意義のある一夢庵で

行こうと 

思っております。



ヘンコツで ど変態の

私ですが 

こういう言葉でしか 自分自身を表現できないので

御迷惑でなければ

これからも お互いの適切な距離感で

お付き合いお願い申し上げます。



スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


コメント

おはようございます。
私も飲食店(寿司屋)しています。
現在は店での飲食をしていませんが、昔はカウンターで握ってました。
大将のおっしゃる通りです。
お客さんも大将の人柄についているものと察します。
飲食店・・・お客さんが 店につくか、親方につくか、
間違いなく、貴店は後者のほうだと思いますが。。。
生意気、申し訳ありません。
[2012/06/28 08:38] URL |  味よし (あじよし) #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
味よしさま コメントありがとうございます。

> おはようございます。
> 私も飲食店(寿司屋)しています。
> 現在は店での飲食をしていませんが、昔はカウンターで握ってました。
> 大将のおっしゃる通りです。
> お客さんも大将の人柄についているものと察します。
> 飲食店・・・お客さんが 店につくか、親方につくか、
> 間違いなく、貴店は後者のほうだと思いますが。。。
> 生意気、申し訳ありません。


私の 人柄なんて 
多数派でいることが嫌いなひねくれ者に 過ぎないですよ。

個人商店は 文字通り
個人の店で 個人が商品なのか 個人の経営している店なのか
とにかく 店と店主のリンクする割合が高いことは間違いありません。

私の考えや やり方が そのまま店のスタイルですからね、
これ以上 ひねくれないように気をつけないとね。(笑)

ありがとうございました。
[2012/06/28 14:08] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/908-d6afa303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)