二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



まにあっくすぎるかな~~。
ちょっとは

本格焼酎の事を書こうと思います。


一夢庵の常連様が

こんなことを 言われました。

『水割りとか お湯割りって 実は 難しいですね。』


一夢庵には およそ100種類ほど

本格焼酎があります。

単純に ロクヨンで割ればいいなんてものではなく、

それぞれの 焼酎に 適した割合が 

間違いなく存在します。



風味・味わいの濃い焼酎は サンナナでも 十分

美味しく感じるというか 

風味が 薄まり過ぎず

むしろ 香りや 口あたりの

ジャストなフィーリングを感じます。

逆に 風味や 味わいの薄めの焼酎は

加水程度に抑えた水割りの

心地良いアルコール感と 香りの立ち具合は

これまた絶品です。


また 一口に麦焼酎と言っても

壱岐焼酎の様に 米麹の麦焼酎と

大分に代表される 麦麹の麦焼酎は

全く風味や まろやかさ 後口に

差があり、

水割りや お湯割りをした時の

ファーストインパクトは

まるっきり違います。

芋焼酎でも

薩摩半島と大隅半島の 焼酎は

味わいに差を感じますし、

宮崎の芋焼酎も 鹿児島の芋焼酎とは

風味・味わいに差を感じます。


米焼酎 然り、

熊本の球磨焼酎の蔵元の造る焼酎と

各地の日本酒蔵さんが 作る米焼酎は

違いを感じます。



黒糖焼酎でも

奄美諸島という ごく限られた場所でしか

製造されていないですが、

各蔵元さんで

味わい・風味には 違いを感じます。





その違いを 解りやすく お客様に 伝えるのが

一夢庵の腕の見せどころで、

その点に関して

その方は 

『難しいですね。』と

表現されたようです。



お客様は 

そこまで考えずに 

その時 その時に

本格焼酎を 味わって 料理と

一緒に 食中酒として

楽しんでもらえれば いいわけでして、

それぞれの焼酎に関して

それぞれに 適した 

表現方法(割り方や提供の仕方)

を 考えるのは 店の仕事です。





それに

いつも お客様には

説明させていただくのですが、

『焼酎は わたしがつくったものではありません、

それぞれの蔵元さんが 考えながら 作られたものです、

私は 

蔵元さんが焼酎を通して伝えたい事を

すこしでも お客様に 味わってもらって

伝えるかが 仕事です。

一夢庵のキャパでは 大量に売りさばくことはできませんが、

その分 大事に 売ることは 他の追随を許さんぐらいの

自信と 自負は あります。

じゃないと 店休んで 九州に

毎年毎年 行かんですよ。(笑)

水汲みも ある意味 

一夢庵オリジナルを確立する為に

汲みに行っているわけです。』



一夢庵の やり方が 

全て正解では ないと思いますが、

間違えた事をしているとは

思っていません。







 

スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント

割り加減で味わいは大きく変わりますよね。
ラベルにはお勧めの割り方はロック、お湯、ストレートくらいしか書かれてない
場合がほとんどだと思います。
自信を持って割り加減も表記してくれると面白いと思うのですが・・・
温度や濃さの好みもあるので、あまり推奨し過ぎてもどうかと思いますし、
飲み手もそこを心得て、参考程度に楽しめれば面白いと思うのです。

まぁ、自分は家飲ではあまり考えずにテキトー楽しく飲んでます(笑)
しかし、外飲みではやっぱり旨い焼酎を飲みたいですよね。
ヨッパがぞんざいてしまいました。
[2012/07/02 23:32] URL | 焼酎漬け #nxzuATHA [ 編集 ]

Re: タイトルなし
焼酎漬け様 こんばんは、

> 割り加減で味わいは大きく変わりますよね。
> ラベルにはお勧めの割り方はロック、お湯、ストレートくらいしか書かれてない
> 場合がほとんどだと思います。
> 自信を持って割り加減も表記してくれると面白いと思うのですが・・・

その先の楽しみは 自分でみつけてくれよってことなんですかね~~。
水割りって一言言っても 割り加減は 様々ですからね。


> 温度や濃さの好みもあるので、あまり推奨し過ぎてもどうかと思いますし、
> 飲み手もそこを心得て、参考程度に楽しめれば面白いと思うのです。
>
> まぁ、自分は家飲ではあまり考えずにテキトー楽しく飲んでます(笑)
> しかし、外飲みではやっぱり旨い焼酎を飲みたいですよね。
> ヨッパがぞんざいてしまいました。


ご自宅で ご自分で呑む場合は それでいいのですが、
私のように お店で利益をいただいて お客様に提供している場合、
それでは 済まされないことも確かです、
実は とあるお客様に 言われたことがあるのですが、
『一夢庵は 凄く焼酎に 頑張ってると認めてるけど、
他の店はどうよ!製氷機の氷で 水道水の水割りなんて お金払って飲むもんじゃない!
家呑みと違うんやから!』
まさにおっしゃる通り!

以前にも書きましたが どこのバーテンさんが 
スコッチに 製氷機の氷を入れて 出します?絶対いないでしょそんな奴!
それと一緒で
本格焼酎の地位向上と言うか 本当の美味さを追求していく場合、
ええ加減な扱いはできません。
ええ加減に扱うということは 蔵元さんに失礼です!!

私は 他の店の事まで感知しませんが、
本格焼酎の可能性は 飲食店が 駄目にしているのではないかとすら
感じている今日この頃です。

まあ 一夢庵は 今まで通りのスタイルで
本格焼酎を追及していこうと思います。

ありがとうございました。
[2012/07/04 00:54] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/911-1b5e73ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)