二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



所詮 焼酎だとは言わしたくない。
開店以来

姫路の地で 本格焼酎を

根付かせていきたい との一心で

今まで やってきました。

これからも やっていきます。




実は 前回のブログで書いて続きなのですが、

本格焼酎の可能性を 一番低く見積もっているのは

飲食店ではないかと

徐々に 思うようになってきたのです。


多くの飲食店が

焼酎ブーム後も

ちょっとは 知名度があり 売れるからという理由で

何種類かの本格焼酎を

メニューに ラインナップしていますが、

その銘柄のほとんどは

名前の知れた 有名銘柄だけです。

極端な話 

美味いか不味いかの基準ではなく

有名か どうかだけが 基準になっています。

挙句に

水道水の水割りと 製氷機の氷で 平気です。

しかも

話を聞くと

『〇〇宝山と 〇藤 と 中〇 〇霧しか売れません。』

と言います。

さらに

『本当は 焼酎あんまり好きじゃないんです。』



言う。

おいおい!!

そんな考えでやってる店で 誰が 焼酎呑んでくれるねん。


だから

私は 

『それやったら 置くのやめましょう。
 その代わりに 好きな酒を置いたら 
 いいんとちゃいますか。』


と。




店側に 売る気がなくて

有名銘柄だけに 甘えて

挙句に 好きじゃない!!

ふざけるな!と言いたい。



それぞれの焼酎は

それぞれの蔵元さんが

いろんな思いがあり 作られたものです。

それを

好きじゃないけど 仕方なく 店に置く!

だから

いつまでたっても 焼酎は 所詮焼酎って

言われるんや!!

いつまでたっても同じ!!




家で 呑むなら 好きなように

それぞれで呑めばいいけど

お店で利益をもらってて そんなことを 

言う 店が 正直 ほとんどです。





飲食店は 

市場の 最末端で 

最高値で 本格焼酎を扱っている身分です。


その覚悟がないなら

そんなお考えのままなら

焼酎を お品書きから はずしていただきたいです。

もしくは

ちゃんと 本格焼酎を扱って

きちんとした形で 

お客様に提供することを考えていきませんか。




そうすることは

まず第一に

お客様の満足度の為

その次に

本格焼酎の発展のため

さらには

お店の為になると

強く思います。











スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ


コメント
こんばんは
おっしゃるような飲食店が焼酎の本場九州や、
鹿児島にも少なからずあるというのは残念な事だと思います。

私も製造に携わっていた頃は、本格焼酎の発展のために・・・
という想いも持ってやっておりました。

しかしやはりそれは造り手だけの努力ではなかなか難しいもので、
酒屋さんや飲食店さんの力というものは、大きい物があると思います。


しかし中には造りをないがしろにしている蔵もあったりして、
私の知っている所ですと、25度に割水する時に水道水を使っている
所もあります。

蔵見学に来た人には「この地下水で割り水しているんです」と説明しつつ、
実際には水道水で割り水している。

これでは飲食店さんの方で、氷や水にこだわっても本末転倒になってしまい、
何か滑稽な事になってしまいます。
肝心の造る部分がおかしくなってしまうと、その後の流通の段階で挽回の
しようがないと思います。
そういう蔵があるのが残念です。

私自身ブログをやっておりますが、何のためにやっているのかと考えた時、
どこかから対価をもらっているわけではないですし、ただの趣味と言えば
それはそうなんですが、しおたにさんのおっしゃる「焼酎布教活動」という
側面もあるんです(笑)

なんの影響力もないブログですが、細々と焼酎の楽しさを伝えていこうかと
思ってます。ただの銘柄紹介のブログにはならないようにしたいとは思っているんですが、
なかなかです。

死ぬまでに一度くらいは一夢庵にも行ってみたいとは思っているんですが(笑)

長文失礼しました。
[2012/07/04 23:21] URL | 芋人  #- [ 編集 ]

Re: こんばんは
芋人様 こんにちは。

> おっしゃるような飲食店が焼酎の本場九州や、
> 鹿児島にも少なからずあるというのは残念な事だと思います。

>
> 私も製造に携わっていた頃は、本格焼酎の発展のために・・・
> という想いも持ってやっておりました。
>
> しかしやはりそれは造り手だけの努力ではなかなか難しいもので、
> 酒屋さんや飲食店さんの力というものは、大きい物があると思います。

おっしゃるとおりです、私は いち焼酎専門飲食店として
“スジ“を通そうと覚悟しております。
非難・批判は むしろ大歓迎ですね。
逆に言えば 誰か噛みついてきてほしいぐらいです。(笑)
腹を割って 話し合いたいですもん!!
>
> しかし中には造りをないがしろにしている蔵もあったりして、
> 私の知っている所ですと、25度に割水する時に水道水を使っている
> 所もあります。
>
> 蔵見学に来た人には「この地下水で割り水しているんです」と説明しつつ、
> 実際には水道水で割り水している。
>
> これでは飲食店さんの方で、氷や水にこだわっても本末転倒になってしまい、
> 何か滑稽な事になってしまいます。
> 肝心の造る部分がおかしくなってしまうと、その後の流通の段階で挽回の
> しようがないと思います。
> そういう蔵があるのが残念です。

今現在の事実関係が明らかでは無いとはいえ
そうやって 何か嘘をつくことのリスクの大きさが 後になって
何倍にもなって跳ね返ってくる事を思えば
嘘をついたスタイルに 繁栄・発展はありません。

焼酎かすの処理でも よからぬ話(噂の範囲を出ないので何とも言えませんが、)
が 私の耳に入って来たことも 過去にありました。
今は どうなっているのか わかりませんがね・・。

飲食の業界でも 本当の意味で 筋を通して嘘をつかない営業をしているのは
ごく限られた個人店しかないのが おそらく現実だと思います。
誰でも調理できるセントラルキッチンで作られたレトルトがわるいとはいいませんがね。


> 私自身ブログをやっておりますが、何のためにやっているのかと考えた時、
> どこかから対価をもらっているわけではないですし、ただの趣味と言えば
> それはそうなんですが、しおたにさんのおっしゃる「焼酎布教活動」という
> 側面もあるんです(笑)
>
> なんの影響力もないブログですが、細々と焼酎の楽しさを伝えていこうかと
> 思ってます。ただの銘柄紹介のブログにはならないようにしたいとは思っているんですが、
> なかなかです。


それぞれのスタイルとやり方で 焼酎布教活動を 続けていきましょう。
それしか 出来ることは ありませんからね。


モノを売るということは 単純に代金と引き換えでは
対面商売の魅力は ゼロですから、その辺りも考慮しながら
一夢庵を続けていこうと思います。


> 死ぬまでに一度くらいは一夢庵にも行ってみたいとは思っているんですが(笑)
>
> 長文失礼しました。

先に一夢庵の命運が途切れないように 頑張ります!!(笑)

ありがとうございました。
[2012/07/05 12:56] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]

Facebookから来ました
なるほど~♪
めっちゃ!激しいブログですな!

大将のそんなこだわりが大好きです!
顔晴ってくださいね。
[2012/07/05 20:11] URL | 知る人ぞ汁 #0P3x6jBE [ 編集 ]

Re: Facebookから来ました
知る人ぞ汁さま こんにちは。

> なるほど~♪
> めっちゃ!激しいブログですな!
>
私にしてみたら 当たり前のことしか書いていないんですけどね~。(笑)


> 大将のそんなこだわりが大好きです!
> 顔晴ってくださいね。

これが 一夢庵のやり方なんで、
いまさら 曲げようがないので このまま 続く限りは
いこうかなと 考えておりますねん。

ありがとうございました。
[2012/07/06 13:55] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]

ご無沙汰しております。
長らく厨房の仕事に専念してます。
今回の記事を読ませていただいて焼酎をおざなりにしてしまっている自分に恥ずかしながらあらためて気付かされた次第です。
今一度、焼酎たちとキチンと向き合ってみます。
追伸・ボクのブログ友達が縁あって姫路に引っ越ししました。期間限定ではありますが今夏いっぱいはそちらにいるようです。落ち着きましたら一夢庵にも伺いたいとのことでした。
[2012/07/10 20:21] URL | 膳蔵 #wFHiIWU6 [ 編集 ]

Re: ご無沙汰しております。
膳蔵様 こんにちは!

> 長らく厨房の仕事に専念してます。
> 今回の記事を読ませていただいて焼酎をおざなりにしてしまっている自分に恥ずかしながらあらためて気付かされた次第です。
> 今一度、焼酎たちとキチンと向き合ってみます。

我々は 利益をいただいてお客様に提供しているので、
料理も焼酎も どちらも バランス良く、お互いが引き立つように しないとね~~。
難しく考えなくても 大丈夫だと思いますよ。

> 追伸・ボクのブログ友達が縁あって姫路に引っ越ししました。期間限定ではありますが今夏いっぱいはそちらにいるようです。落ち着きましたら一夢庵にも伺いたいとのことでした。

まあ あまり期待しないように!と お伝えください。

8月に そちらに 伺う予定にしていますので よろしく!!
[2012/07/12 14:49] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/912-906f8c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)