二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



先送りよりも 積極的な具体策を!!
ウナギの養殖の為の

稚魚“シラスウナギ"が

ここ数年 極端な不漁が 続いている、

アメリカが

ウナギを ワシントン条約に入れようかと

検討しているらしい、というニュースを見た。




ここで 簡単に

『アメリカめ!自分達の食わねえモノばかり
 規制しようとしやがって!!』

と アメリカをせめるのは

筋違いだと思う。




私が 思うに

ワシントン条約に 入れるのは

ちょっと 行き過ぎた感があるので

そうならない為に

現在の シラスウナギの不漁に 対して

具体的な対策を打ち出さない事の方が

問題だ。



農水省は

『ウナギの生態や 産卵場所等 研究して 資源保護に活かしたい。』

と述べているようだが、

それでは 国際社会は 納得しない。

(今の政府に 国際社会を納得させるだけの力がない
 と 思うから 余計に歯がゆい。)



と ここで


アメリカが ウナギの資源を保護しようと

興味があるのならば

それを後ろ盾にできるように

日本から 積極的に 資源保護の為の案を

打ち出すのが 建設的ではなかろうかと思う。


シラスウナギの不漁の正確な原因が分からないのであれば

単純に 数年間 ある程度の外国からの輸入を

全面的ではなく 一部 規制するのも

いいのではないか。


外国では 

日本向けのウナギを 大量に

養殖をしている、

ということは

外国が

シラスウナギを 大量に捕獲している。




外国からの輸入を

制限すると その部分で 

かなりのシラスウナギの乱獲が

防げるのではないかと・・・・・・・。


これは 私の思う一例にすぎませんがね。



ただし

ウナギの輸入は

多くの日本の会社が 絡んでおり

まして 最大の相手国は 中国だったりもする。

政治的な判断を鈍らす原因にもなりかねない、

 

私も サラリーマン時代 

現場で ウナギの出荷の仕事をしたこともある。

余談ではあるが、

その後 その会社は ウナギを産地偽装して

逮捕者まで出してしまったという

何とも 悲しい事実もある。







過去に

秋田県での ハタハタの不漁の際

漁協が自主的に 3年間の禁漁を決め

ある程度 資源は 回復、

その後 漁獲の制限を加えながら 

ハタハタ資源の維持 回復に なっている例もある。


一夢庵でもおなじみの 由比のサクラエビ!

静岡の駿河湾での サクラエビ漁も

複数の漁協の連携のもと

プール制など 他の地域で類を見ない方法で

サクラエビ資源の維持・管理を している例も

日本にはある。




そう言う意味で

資源の保護 管理の面で

日本は 実績があるのではないか!

確かに 国内だけの問題ではなく

世界規模での課題だが、

世界中の ウナギ消費のうち

70%は 日本国 つまりは日本人なのだ。


シラスウナギの不漁の原因が 正確に分からないとはいえ

調査中という言葉で 言い逃れるのではなく、

積極的な 資源保護の為の案を

出さずに 先送りするのは

おかしいのではないだろうか。




それと同時に

ウナギの完全養殖に向けたさらなる研究も

並行的に

進めていくのが、

一番 現実的で 建設的な 方法だと

私は 思います。




いずれにせよ

シラスウナギが 獲れなくなっているということは

ウナギの養殖 しいては

ウナギを食べるという 食文化が

危機に瀕している

疑いようのない事実、

ですので

どんな手でも 考えてみて損は

ないはず。




なぜ こういう時に

積極的な 漁業資源保護の案すら出さないのか

(出せない理由うでもあるのかね~~。)

周りが海で囲まれた日本国なのにね~~~。


かなり残念な気分です。

















スポンサーサイト

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記


コメント

なるほど~( ̄∇ ̄)
[2012/07/18 08:15] URL | 知る人ぞ汁 #0P3x6jBE [ 編集 ]

Re: タイトルなし
知る人ぞ汁様 こんにちは。

> なるほど~( ̄∇ ̄)

ざっくりとしか 考えが及びませんが、
漁獲が減るということは 単純に 獲り過ぎだと
考えるのが まず第一。

中国は 日本向けウナギのシラスを アメリカまで
獲りに行っているなんて話も 聞こえてきます。

[2012/07/18 14:12] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]

うなぎ
こんにちは。
ウナギ、高値が続いてますねぇ。
ウナギに限らず、マグロにしても鯨にしても・・・
完全養殖の出来るものしか、将来食べれなくなる気がします。

乱獲が原因か、海の汚染が原因か、温暖化が原因か、
よく解りませんが、水産物にかかわる者としては心配ですわ~。
[2012/07/18 18:53] URL |  味よし (あじよし) #- [ 編集 ]

Re: うなぎ
味よし様 こんばんは。

> こんにちは。
> ウナギ、高値が続いてますねぇ。
> ウナギに限らず、マグロにしても鯨にしても・・・
> 完全養殖の出来るものしか、将来食べれなくなる気がします。

もし そのような状況になれば 人類のかなりの割合が 餓死にいたると思います。
魚類空のたんぱく質の摂取は かなり重要です。
まあ 餓死する前に 食料争奪戦争が世界中で勃発するでしょうね・・・。
>
> 乱獲が原因か、海の汚染が原因か、温暖化が原因か、
> よく解りませんが、水産物にかかわる者としては心配ですわ~。

おそらく中国における“日本向け養殖ウナギの為のシラスウナギ乱獲”が
大きな要因のひとつだと 思うのです。
確かに 目先の価格も大事ですが、資源の保護管理を まずは第一に考え、
傷口の浅いうちに 何らかの手を打つのが
ウナギの食文化を守る為には 必要ではなかろうかと思います。

東シナ海での乱獲が減少すると 
確実に日本近海でのシラスウナギの漁獲は 
増えます。
それは 日本の養鰻にとって しいては 日本の消費者にとって
プラスではないでしょうか。
[2012/07/19 02:03] URL | しおたに みつはる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/920-4e82ffa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)