二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



まわれプロペラ!島から島へ 焼酎の旅 4
今日の姫路の暑さは

あくまで 体感温度ですが、

九州よりも 暑かったです!


さすがに 深夜になると 気温も少し落ち着いてきますな。

秋が来ているのやら 来ていないのやら・・・。





さてさて 昨日の続きです。


ちょっとおさらいで

麦焼酎にも 

麦麹の麦焼酎と 米麹の麦焼酎が あって、

それぞれの特徴としては

大分麦焼酎に 代表される 麦100パーセントの焼酎は

後味の切れ味が良く、麦の風味が全面に出てくる まさに麦焼酎って感じ、

それに対し

壱岐焼酎のように 米麹を使う麦焼酎は

味わいの中に ふんわりと 麹由来の米の風味を

感じて、麦と米のコラボレーション的な風味です。

余談ですが

以前 重家酒造さんのレギュラー焼酎“雪洲”のラベルには

“米麦焼酎”と 表記されていました。

まさに 壱岐焼酎を 適切に表現した文言だったと思います。

(その文言も お役所さんから 麦焼酎か米焼酎か
 紛らわしいとの指摘があり 表記をやめたそうです。)




とまあ 麦焼酎の成分の差は

こんな風に 私は 認識しています。

(あくまで 個人的な表現ですよ。)


とはいえ 

それぞれの蔵元さんによって 製造過程で

いろいろ工夫が なされ、

まったく同じ味の焼酎は 生まれてきません。



それが ある意味 すべての飲食物の製造の醍醐味でもあるわけで、

如何に 品質のぶれがなく バチッと 造っていけるかどうかです。





少し話がそれてしまいました。


壱岐焼酎は 

壱岐でしか造れません。

つまり その土地の名前を冠した

麦焼酎になるわけですから、

重家酒造の横山兄弟が 言うように

『焼酎を通して 壱岐を伝えたい。』という気持ちは

私は すごく理解できるわけです。

(製品を通して その土地を伝えたいという気持ちは
全ての蔵元さんが 大なり小なり持っておられると思います。)


そんな 気持ちに共感してか してないのか

ただ単に 壱岐が好きなのか

ただの麦焼酎好きなのか

一夢庵は 5年連続 通算6回も壱岐に 行っちゃってるんです。


今では ナビなしで 壱岐の道を 走れるほどになってしまいました。

来年も すでに 壱岐行きが 決定事項になっています・・・。




つづく






スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/940-9e865001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)