二分の一夢庵 酒好きおやじの常日頃
姫路の 焼酎専門居酒屋の おやじが 常日頃 思う事を ダラダラと書き綴ります。
プロフィール

しおたに みつはる

Author:しおたに みつはる
姫路の片隅で 本格焼酎の居酒屋を 家内と2人でやってる40過ぎたおっさんです。

日々思う 何かしらの事を 書き綴っていこうかと思ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



昨日も いつものように

山奥に水を汲みに 車を走らせました。



どんよりとした曇り空の午後の29号線。

交通量も 少なく スムーズな流れでした。



ちょうど 伊和神社を通り過ぎるころ、

ものすごい豪雨。

久しぶりにワイパーが利かない雨。

上空には 雷が 光っていました。



でも こういう豪雨は すぐに 雨脚は弱まります。


10分ほどで 雲を抜けると 雲の切れ目から

陽がさしてきます。



空の底が抜けたような豪雨も自然の摂理。


そんなことを 想いながら、

いつもの水くみ場に ついて、

タンクに汲んでいたのですが・・・・・。


“水がおかしい”

目視で 分かるほど 濁っている・・・・。

これは イカン!


水くみ場は 地元の人が整備され

湧き出ている場所から 少し離れたところまで

パイプで 運ばれてきます。

どうやら その途中で

雨水が 流れ込むような場所ができているのかもしれません。

いくら豪雨の後とはいえ

これでは これから ここの水を汲むわけにはいきません。



結局 そこでは 水くみをせず、

また別のところの湧水を汲みに 行きました。


その水は 濁りもなく 澄んだ水で、

その場で呑んだ感じも 異常はありませんでした。




汲んできた水は 使う前に

一度 すべて 煮沸してつかうので

かなりの危険性は

除去されていますが、

今日のように

明らかに 濁っているのは

それ以前の問題です。




一時的なことであれば いいのですが、

今後また このようなことがあれば

一夢庵 オープン以来続けてきた水くみも

考えなければ ならない状況が 

出てくるのかもしれません。













スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nibunnnoitimuan.blog.fc2.com/tb.php/963-f3ce622a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)